• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ダルは“擁護”も…清原容疑者に「再チャンス」はまだ早い

 それは違うだろ! レンジャーズのダルビッシュ有投手(29)が現地18日(日本時間19日)、キャンプ地のアリゾナ州サプライズで、覚醒剤取締法違反(所持)容疑で逮捕された元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)について言及。「良くないことだけど」と前置きして、こう言ったのだ。

「ただ叩くだけでは何の解決にもならない。こちらでは一度薬物に手を出しても、もう一度チャンスをもらっている。日本もセカンドチャンスを持てる社会にならないと」

 プロ野球のスター選手だった清原容疑者の覚醒剤逮捕というのは、世間に大きな衝撃を与え、特に清原容疑者に憧れていた野球少年たちが受けたショックは計り知れない。法に触れることと知りながら、長年にわたってヤバイ薬に溺れ、人にも勧めていたとなれば、批判されるのも、社会的制裁を受けるのも当然のことだ。ダルビッシュは「誰でも間違いはある」とも言ってかばったが、清原容疑者はこれまでに何度もクスリをやめる機会があった。にもかかわらず、誘惑に負け、快楽を求め、シャブを打ち続けてきた。出来心でも、一時の過ちでもない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  6. 6

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る