ダルは“擁護”も…清原容疑者に「再チャンス」はまだ早い

公開日: 更新日:

 それは違うだろ! レンジャーズのダルビッシュ有投手(29)が現地18日(日本時間19日)、キャンプ地のアリゾナ州サプライズで、覚醒剤取締法違反(所持)容疑で逮捕された元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)について言及。「良くないことだけど」と前置きして、こう言ったのだ。

「ただ叩くだけでは何の解決にもならない。こちらでは一度薬物に手を出しても、もう一度チャンスをもらっている。日本もセカンドチャンスを持てる社会にならないと」

 プロ野球のスター選手だった清原容疑者の覚醒剤逮捕というのは、世間に大きな衝撃を与え、特に清原容疑者に憧れていた野球少年たちが受けたショックは計り知れない。法に触れることと知りながら、長年にわたってヤバイ薬に溺れ、人にも勧めていたとなれば、批判されるのも、社会的制裁を受けるのも当然のことだ。ダルビッシュは「誰でも間違いはある」とも言ってかばったが、清原容疑者はこれまでに何度もクスリをやめる機会があった。にもかかわらず、誘惑に負け、快楽を求め、シャブを打ち続けてきた。出来心でも、一時の過ちでもない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  5. 5

    持続化給付金の不正受給 早急に返金と自首をするべき

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    白石麻衣10.28乃木坂卒業で注目 ソロ活動と恋愛解禁Xデー

  8. 8

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  9. 9

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  10. 10

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

もっと見る