ダルは“擁護”も…清原容疑者に「再チャンス」はまだ早い

公開日:  更新日:

 それは違うだろ! レンジャーズのダルビッシュ有投手(29)が現地18日(日本時間19日)、キャンプ地のアリゾナ州サプライズで、覚醒剤取締法違反(所持)容疑で逮捕された元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)について言及。「良くないことだけど」と前置きして、こう言ったのだ。

「ただ叩くだけでは何の解決にもならない。こちらでは一度薬物に手を出しても、もう一度チャンスをもらっている。日本もセカンドチャンスを持てる社会にならないと」

 プロ野球のスター選手だった清原容疑者の覚醒剤逮捕というのは、世間に大きな衝撃を与え、特に清原容疑者に憧れていた野球少年たちが受けたショックは計り知れない。法に触れることと知りながら、長年にわたってヤバイ薬に溺れ、人にも勧めていたとなれば、批判されるのも、社会的制裁を受けるのも当然のことだ。ダルビッシュは「誰でも間違いはある」とも言ってかばったが、清原容疑者はこれまでに何度もクスリをやめる機会があった。にもかかわらず、誘惑に負け、快楽を求め、シャブを打ち続けてきた。出来心でも、一時の過ちでもない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  8. 8

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る