清原“シャブ地獄”の原点 吉原ソープの元オーナーを直撃

公開日: 更新日:

 清原和博容疑者(48)が“シャブ地獄”に陥ったきっかけは、プロ野球西武時代から通った吉原のソープランドだったという。ソープでクスリを覚え、どっぷりとはまっていったというのだ。本紙は清原容疑者と親交が深かった老舗ソープランドの元オーナー・N氏(51)に疑惑を直撃した。

 清原容疑者が現役時代に吉原のソープランドでクスリを使用していたことは、すでに複数の週刊誌が報じている。「女性セブン」は95年ごろ、ソープランドでセックスする際に猛烈な絶頂感を味わえる「エクスタシー」を覚えたと報道。「アサヒ芸能」も巨人時代の晩年、ソープで「大麻」を吸っていたとしている。そこで“クスリの味”を覚えた清原容疑者は、より強い刺激を求めて覚醒剤に手を染めていった――というのだ。

“ソープ通い”については、清原容疑者本人もプロインタビュアー・吉田豪氏とのインタビューで、常連だったことを認めている。果たして、清原容疑者は本当にソープからシャブの道に落ちたのか。吉原で老舗ソープランド「K」など複数の店舗を経営していた元オーナーで、現在はビル所有者のN氏を直撃した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  3. 3

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  4. 4

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  5. 5

    粗品に“破滅型芸人”の匂い ギャンブル&借金でやっさん化

  6. 6

    菅側近はNTTともズブズブ 金満接待漬けで検察捜査に現実味

  7. 7

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  8. 8

    情事の明暗 小川アナ夫は資産30億円目減りもアルペンは…

  9. 9

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  10. 10

    空港でパンツ下ろせ!中国が採用「肛門PCR」2つのメリット

もっと見る