• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

清原“シャブ地獄”の原点 吉原ソープの元オーナーを直撃

 清原和博容疑者(48)が“シャブ地獄”に陥ったきっかけは、プロ野球・西武時代から通った吉原のソープランドだったという。ソープでクスリを覚え、どっぷりとはまっていったというのだ。本紙は清原容疑者と親交が深かった老舗ソープランドの元オーナー・N氏(51)に疑惑を直撃した。

 清原容疑者が現役時代に吉原のソープランドでクスリを使用していたことは、すでに複数の週刊誌が報じている。「女性セブン」は95年ごろ、ソープランドでセックスする際に猛烈な絶頂感を味わえる「エクスタシー」を覚えたと報道。「アサヒ芸能」も巨人時代の晩年、ソープで「大麻」を吸っていたとしている。そこで“クスリの味”を覚えた清原容疑者は、より強い刺激を求めて覚醒剤に手を染めていった――というのだ。

“ソープ通い”については、清原容疑者本人もプロインタビュアー・吉田豪氏とのインタビューで、常連だったことを認めている。果たして、清原容疑者は本当にソープからシャブの道に落ちたのか。吉原で老舗ソープランド「K」など複数の店舗を経営していた元オーナーで、現在はビル所有者のN氏を直撃した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る