日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

清原“シャブ地獄”の原点 吉原ソープの元オーナーを直撃

 清原和博容疑者(48)が“シャブ地獄”に陥ったきっかけは、プロ野球・西武時代から通った吉原のソープランドだったという。ソープでクスリを覚え、どっぷりとはまっていったというのだ。本紙は清原容疑者と親交が深かった老舗ソープランドの元オーナー・N氏(51)に疑惑を直撃した。

 清原容疑者が現役時代に吉原のソープランドでクスリを使用していたことは、すでに複数の週刊誌が報じている。「女性セブン」は95年ごろ、ソープランドでセックスする際に猛烈な絶頂感を味わえる「エクスタシー」を覚えたと報道。「アサヒ芸能」も巨人時代の晩年、ソープで「大麻」を吸っていたとしている。そこで“クスリの味”を覚えた清原容疑者は、より強い刺激を求めて覚醒剤に手を染めていった――というのだ。

“ソープ通い”については、清原容疑者本人もプロインタビュアー・吉田豪氏とのインタビューで、常連だったことを認めている。果たして、清原容疑者は本当にソープからシャブの道に落ちたのか。吉原で老舗ソープランド「K」など複数の店舗を経営していた元オーナーで、現在はビル所有者のN氏を直撃した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事