• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

清原“シャブ地獄”の原点 吉原ソープの元オーナーを直撃

 清原和博容疑者(48)が“シャブ地獄”に陥ったきっかけは、プロ野球・西武時代から通った吉原のソープランドだったという。ソープでクスリを覚え、どっぷりとはまっていったというのだ。本紙は清原容疑者と親交が深かった老舗ソープランドの元オーナー・N氏(51)に疑惑を直撃した。

 清原容疑者が現役時代に吉原のソープランドでクスリを使用していたことは、すでに複数の週刊誌が報じている。「女性セブン」は95年ごろ、ソープランドでセックスする際に猛烈な絶頂感を味わえる「エクスタシー」を覚えたと報道。「アサヒ芸能」も巨人時代の晩年、ソープで「大麻」を吸っていたとしている。そこで“クスリの味”を覚えた清原容疑者は、より強い刺激を求めて覚醒剤に手を染めていった――というのだ。

“ソープ通い”については、清原容疑者本人もプロインタビュアー・吉田豪氏とのインタビューで、常連だったことを認めている。果たして、清原容疑者は本当にソープからシャブの道に落ちたのか。吉原で老舗ソープランド「K」など複数の店舗を経営していた元オーナーで、現在はビル所有者のN氏を直撃した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る