留置場で夜泣き…清原容疑者「自殺の恐れ」で強制入院も

公開日:  更新日:

 2月2日の逮捕から、20日近く取り調べを受けている清原和博容疑者(48)。午前と午後の取り調べが終わり、夜、留置場に戻った後、声を上げて泣いているという。スポーツニッポンによると「よく泣いていて、泣き声が留置場の部屋から漏れてきている」という。周囲は自殺を心配し、保釈後に“強制入院”となる可能性も囁かれている。

 覚醒剤にどっぷりつかっていた清原容疑者は、禁断症状に苦しんでいるという報道もある。早ければ26日(金)にも保釈されるが、果たして保釈後、日常生活を送れるのか。1000件以上の薬物事件を担当してきた弁護士の小森榮氏はこう言う。

「清原容疑者に禁断症状は出ていないと思います。禁断症状が出るのは、ヘロイン中毒やアヘン中毒です。覚醒剤は精神的な依存は起きますが、肉体的な依存はありません」

■「鬱状態」か

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  5. 5

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  6. 6

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  7. 7

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  8. 8

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  9. 9

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  10. 10

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

もっと見る