留置場で夜泣き…清原容疑者「自殺の恐れ」で強制入院も

公開日: 更新日:

 2月2日の逮捕から、20日近く取り調べを受けている清原和博容疑者(48)。午前と午後の取り調べが終わり、夜、留置場に戻った後、声を上げて泣いているという。スポーツニッポンによると「よく泣いていて、泣き声が留置場の部屋から漏れてきている」という。周囲は自殺を心配し、保釈後に“強制入院”となる可能性も囁かれている。

 覚醒剤にどっぷりつかっていた清原容疑者は、禁断症状に苦しんでいるという報道もある。早ければ26日(金)にも保釈されるが、果たして保釈後、日常生活を送れるのか。1000件以上の薬物事件を担当してきた弁護士の小森榮氏はこう言う。

「清原容疑者に禁断症状は出ていないと思います。禁断症状が出るのは、ヘロイン中毒やアヘン中毒です。覚醒剤は精神的な依存は起きますが、肉体的な依存はありません」

■「鬱状態」か

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  8. 8

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

もっと見る