TBSの名物DJだった桝井論平さん “平和”を訴え小論執筆も

公開日:  更新日:

 土居まさる、落合恵子、野沢那智、糸居五郎……。1960年代末に始まったラジオの若者向け深夜放送にはキラ星のごとき人気パーソナリティー(DJ)がいた。今回登場の桝井論平さん(76)はTBSの「パック・イン・ミュージック」草創期のDJとして、若者たちに絶大な人気を博した。今どうしているのか。

■半年前に体重15キロも激ヤセ

「3年前に原因不明のめまい症に襲われて難儀したんだけど、半年前から、今度は体重が60キロから45キロに激ヤセしちゃいましてね。悪い病気じゃないかと慌てて検査を受けたら、結果は異常ナシ。体重も回復しました。年齢を考え、講演会なんかの仕事を整理したのが原因なのかなあ。やることがなくなり、人生のエアポケットに落ちたみたいで、知らず知らず、精神的に参ってたのかもしれません」

 赤坂はTBSの喫茶室で会った桝井さん、まずはこう言った。今も月に1度は通いなれた局に近い理髪店を訪れるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る