泣いて降板願い…円広志さん語る“パニック障害”との闘い

公開日:  更新日:

♪とんでとんでとんで まわってまわってまわってまわる~と歌った円広志さん(62)の「夢想花」がヒットしたのは78年。その後もバラエティー番組で活躍していたが、一時、テレビから姿を消した時期があり、去年5月、「パニック障害、僕はこうして脱出した」(詩想社)を出した。今どうしているのか。

■「死んだ方が楽やろな、と何回も」

「多分、ボクは50までは生きられんやろ、と思ってました。いや、自分から死にたいと思ったことはないですね。けど、死んだ方が楽やろな、と思ったことは何回もあります。それほどツラいんです、パニック障害って病気は」

 大阪市内のスタジオで会った円さん、まずはこういった。言葉には力があり、笑顔ものぞく。

「ええ、今は普通に仕事ができるようになりました。薬の服用は1日1回。仕事が少ない日、休みの日は服用しなくても大丈夫です。しかし、サラリーマンの世界でもパニック障害をひた隠しにして、無理やり仕事してる人は少なくないみたいです。息苦しさ、めまいといった体の異常とともに、このままでは死んでしまうといった強い不安感に襲われるのがこの病気の特徴ですが、現代のようなストレス社会では、特別な精神疾患ではない。コンプレックスを感じる必要なんてまったくないんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る