• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

父は猛反対だった 高島礼子が迫られる高知東生との即離婚

 周囲の誰もが「離婚した方がいい」と勧めているにもかかわらず、本人は「まだどうしていいのか分かりません」と迷っているようだ。24日、覚醒剤取締法と大麻取締法違反で逮捕された元俳優・高知東生(51)の妻・高島礼子(51)。

 2人が結婚したのは99年2月。高島は初婚だったが、高知は無名時代の91年にAV女優のあいだもも(46)と結婚するも、96年に離婚していたバツイチ。その1年後、2人の熱愛が発覚するのだが、当初は高島の方がゾッコンだったという。

 当時のインタビューで高島は「彼の生きざまに興味があります。人間の痛みを知っている人」などと語っていた。にもかかわらず結婚まで2年もかかったのは高島の父親・武さんに猛反対されてきたからだ。芸能評論家の肥留間正明氏が言う。

「お父さんの眼力が勝っていたということですね。高知って男はその筋の社会で言うところの“スケコマシ”なんですよ。高知がまだ芸能界に入る前、元暴走族だった嶋大輔と喧嘩して仲良くなったというのは有名な話ですが、ちょっと暴力的なところを見せておいて、特定の女性には異常に優しくし、相手の女性に“この人は私がいないとダメになる”なんて思わせてしまうのはスケコマシの常套手段です。これでくっついたらしめたもんで、あとの生活はオンナ任せ、自分は悠々ヒモ暮らしというわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る