高知東生は序章…組対5課vsマトリ過熱で清原ルート壊滅へ

公開日:  更新日:

 清原和博(48)に比べたら“小粒感”は否めないが、元俳優の高知東生容疑者(51)の覚醒剤逮捕で、マトリ(厚労省麻薬取締部)が一矢報いた格好だ。

「清原逮捕も、“ライバル”の警視庁組対5課とマトリで競っていたのですが、組対5課がかっさらっていった。高知についても、組対5課は清原本人から、マトリも別のルートから情報を入手、内偵を進めていたそうです。高知は清原と同じクラブに通っていたなどと報じられていますが、そもそも同じ売人から買っていたらしい」(捜査事情通)

 ASKA(58)、清原と組対5課にやられっぱなしだったマトリに軍配が上がったというわけだが、関係者の関心は、すでに「次」に移っているようだ。

「高知は、清原が供述したとされる“人脈”の一端に過ぎません。本丸はあくまで“卸元”である暴力団であり、高知以外にもNHKの大河ドラマに出演した大物俳優や、紅白歌合戦に出演した大物歌手の名前も挙がっている。マトリの高知逮捕は“序章”。これをきっかけに組対5課VSマトリが過熱すれば、清原ルートは今後、一気に“壊滅”に向かうでしょう」(前出の捜査事情通)

 戦々恐々なのは一体、誰だ?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る