高知東生は序章…組対5課vsマトリ過熱で清原ルート壊滅へ

公開日: 更新日:

 清原和博(48)に比べたら“小粒感”は否めないが、元俳優の高知東生容疑者(51)の覚醒剤逮捕で、マトリ(厚労省麻薬取締部)が一矢報いた格好だ。

「清原逮捕も、“ライバル”の警視庁組対5課とマトリで競っていたのですが、組対5課がかっさらっていった。高知についても、組対5課は清原本人から、マトリも別のルートから情報を入手、内偵を進めていたそうです。高知は清原と同じクラブに通っていたなどと報じられていますが、そもそも同じ売人から買っていたらしい」(捜査事情通)

 ASKA(58)、清原と組対5課にやられっぱなしだったマトリに軍配が上がったというわけだが、関係者の関心は、すでに「次」に移っているようだ。

「高知は、清原が供述したとされる“人脈”の一端に過ぎません。本丸はあくまで“卸元”である暴力団であり、高知以外にもNHKの大河ドラマに出演した大物俳優や、紅白歌合戦に出演した大物歌手の名前も挙がっている。マトリの高知逮捕は“序章”。これをきっかけに組対5課VSマトリが過熱すれば、清原ルートは今後、一気に“壊滅”に向かうでしょう」(前出の捜査事情通)

 戦々恐々なのは一体、誰だ?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  8. 8

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

もっと見る