• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

高知東生は序章…組対5課vsマトリ過熱で清原ルート壊滅へ

 清原和博(48)に比べたら“小粒感”は否めないが、元俳優の高知東生容疑者(51)の覚醒剤逮捕で、マトリ(厚労省麻薬取締部)が一矢報いた格好だ。

「清原逮捕も、“ライバル”の警視庁組対5課とマトリで競っていたのですが、組対5課がかっさらっていった。高知についても、組対5課は清原本人から、マトリも別のルートから情報を入手、内偵を進めていたそうです。高知は清原と同じクラブに通っていたなどと報じられていますが、そもそも同じ売人から買っていたらしい」(捜査事情通)

 ASKA(58)、清原と組対5課にやられっぱなしだったマトリに軍配が上がったというわけだが、関係者の関心は、すでに「次」に移っているようだ。

「高知は、清原が供述したとされる“人脈”の一端に過ぎません。本丸はあくまで“卸元”である暴力団であり、高知以外にもNHKの大河ドラマに出演した大物俳優や、紅白歌合戦に出演した大物歌手の名前も挙がっている。マトリの高知逮捕は“序章”。これをきっかけに組対5課VSマトリが過熱すれば、清原ルートは今後、一気に“壊滅”に向かうでしょう」(前出の捜査事情通)

 戦々恐々なのは一体、誰だ?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  4. 4

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  7. 7

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  8. 8

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  9. 9

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る