痛みや費用は…清原被告の「入れ墨」消せるか医師に聞いた

公開日: 更新日:

「懲役2年6月、執行猶予4年」の判決が下った清原和博被告(48)に関して、1日のスポーツ紙やテレビは更生を願う関係者たちのコメントであふれ返った。

 プロ野球OBやかつての同僚たちの「更生してぜひ、球界に復帰して欲しい」とか、「清原には野球がある」といったコメントをこれでもかとばかりに、お涙頂戴で報じている。

 判決が出る以前には、プロ野球は難しくても少年野球やアマ球界の指導者にという報道もあった。

 清原被告は初公判で、「いつか野球にたどり着けたら」と話した。子供のころから野球しかしてこなかっただけに、かつてのなりわいだった野球にすがりたい気持ちは理解できなくはない。

 しかし、実際問題として、あの全身入れ墨だらけの男を、プロ野球はもちろん、アマ球界だってプロ以上に受け入れるはずはない。何しろ右足ふくらはぎを覆う入れ墨に加え、左肩からへその下に至る上半身には竜が彫ってあるのだ。入れ墨だらけの体のままの清原被告を、野球の指導者としてありがたがるチームは少なくとも日本にあるわけがない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  3. 3

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  4. 4

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  5. 5

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  8. 8

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  9. 9

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  10. 10

    ベルギーで11得点 新顔FW鎌田大地「森保J」での期待値

もっと見る