日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

上映会も好評 なぜ女性たちはロマンポルノに惹かれるのか

 40代以上の男なら、この6文字にグッとくるはず。「ロマンポルノ」とは、1971年に日活が “10分に1回の絡み”“上映時間は約70分”という条件で打ち出した18禁の成人映画レーベルのことだ。AVに押されて下火だったが、今年11月26日(土)、新作5本が新宿武蔵野館で封切られ、28年ぶりに復活する。

 監督は、塩田明彦(代表作「黄泉がえり」)、白石和彌(「凶悪」)、園子温(「冷たい熱帯魚」)、中田秀夫(「リング」)、行定勲(「GO」)の実力派5人。いずれもロマンポルノ初監督だ。なぜ、いまロマンポルノなのか。

「2012年に行った日活創立100周年のロマンポルノ特集上映がきっかけです。ロマンポルノを知らない若い世代の男性はもちろん、女性にも大好評でした。『この盛況ぶりなら』と新しい世代の監督による新しいロマンポルノを作ろうという話になったのです」(日活宣伝担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事