• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

上映会も好評 なぜ女性たちはロマンポルノに惹かれるのか

 40代以上の男なら、この6文字にグッとくるはず。「ロマンポルノ」とは、1971年に日活が “10分に1回の絡み”“上映時間は約70分”という条件で打ち出した18禁の成人映画レーベルのことだ。AVに押されて下火だったが、今年11月26日(土)、新作5本が新宿武蔵野館で封切られ、28年ぶりに復活する。

 監督は、塩田明彦(代表作「黄泉がえり」)、白石和彌(「凶悪」)、園子温(「冷たい熱帯魚」)、中田秀夫(「リング」)、行定勲(「GO」)の実力派5人。いずれもロマンポルノ初監督だ。なぜ、いまロマンポルノなのか。

「2012年に行った日活創立100周年のロマンポルノ特集上映がきっかけです。ロマンポルノを知らない若い世代の男性はもちろん、女性にも大好評でした。『この盛況ぶりなら』と新しい世代の監督による新しいロマンポルノを作ろうという話になったのです」(日活宣伝担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  2. 2

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  6. 6

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  7. 7

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  8. 8

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

もっと見る