坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

公開日:  更新日:

「なんて日だ!」と驚きながらもバイきんぐの小峠英二(40)は今ごろ胸をなで下ろしているに違いない。女優の故・坂口良子(享年57)の長女でタレントの坂口杏里(25)がAVに出演、しかもすでに撮り終えているというニュースには驚かされた。元カレである小峠は「会ったのは去年の12月が最後。ただただ驚いています」とコメント。ショックのほどは想像に難くないが、芸能リポーターの川内天子氏はこう言う。

「そもそも交際の中身が疑問でした。“付き合っていた”というより“振り回されていた”というのが実態ではないでしょうか。2人が同じ番組で知り合ったのは2014年9月。その瞬間、杏里ちゃんが小峠君を気に入って“公開プロポーズ”していましたが、小峠君の態度がなかなか煮え切らなかった。すると、その3カ月後、当人たちしか持っていないはずのベッド写真が写真週刊誌に流出した。これに観念して小峠君も“交際宣言”せざるを得なくなりましたが、その2カ月後には杏里ちゃんが自身のツイッターで破局を報告。その後、互いの事務所が破局を認めたという、おかしな経緯だったからです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る