• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

伝統継承も狙うは女性客 日活ロマンポルノ“再起動の狼煙”

 2016年11月20日に45周年を迎える日活ロマンポルノが、“再起動の狼煙”を上げる。「ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」と題し、5人の監督が新作のロマンポルノを撮ったのだ。

〈10分に1回の濡れ場〉〈総尺80分前後〉〈製作費は全作品一律〉〈撮影期間は1週間〉という製作条件に加え、新作は〈完全オリジナル脚本〉と〈ロマンポルノ初監督〉も課せられた。もっとも多種多彩な5作品がラインアップ。サスペンス、コメディー、時代劇、レズビアン、SFものなどエンターテインメントの要素を揃えたロマンポルノイズムを継承したといえるだろう。

 ショッキングピンクに英語をあしらった“オサレ”なポスターが象徴するように、主に若い女性層がターゲット。24日に日本外国特派員協会(東京・有楽町)で行われた会見には“監督5人衆”――塩田明彦氏、白石和彌氏、園子温氏、中田秀夫氏、行定勲氏が登場。若い女性客を意識して製作したと語っていたが、オトーサン世代の琴線にも触れることは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る