伝統継承も狙うは女性客 日活ロマンポルノ“再起動の狼煙”

公開日:  更新日:

 2016年11月20日に45周年を迎える日活ロマンポルノが、“再起動の狼煙”を上げる。「ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」と題し、5人の監督が新作のロマンポルノを撮ったのだ。

〈10分に1回の濡れ場〉〈総尺80分前後〉〈製作費は全作品一律〉〈撮影期間は1週間〉という製作条件に加え、新作は〈完全オリジナル脚本〉と〈ロマンポルノ初監督〉も課せられた。もっとも多種多彩な5作品がラインアップ。サスペンス、コメディー、時代劇、レズビアン、SFものなどエンターテインメントの要素を揃えたロマンポルノイズムを継承したといえるだろう。

 ショッキングピンクに英語をあしらった“オサレ”なポスターが象徴するように、主に若い女性層がターゲット。24日に日本外国特派員協会(東京・有楽町)で行われた会見には“監督5人衆”――塩田明彦氏、白石和彌氏、園子温氏、中田秀夫氏、行定勲氏が登場。若い女性客を意識して製作したと語っていたが、オトーサン世代の琴線にも触れることは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る