• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

伝統継承も狙うは女性客 日活ロマンポルノ“再起動の狼煙”

 2016年11月20日に45周年を迎える日活ロマンポルノが、“再起動の狼煙”を上げる。「ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」と題し、5人の監督が新作のロマンポルノを撮ったのだ。

〈10分に1回の濡れ場〉〈総尺80分前後〉〈製作費は全作品一律〉〈撮影期間は1週間〉という製作条件に加え、新作は〈完全オリジナル脚本〉と〈ロマンポルノ初監督〉も課せられた。もっとも多種多彩な5作品がラインアップ。サスペンス、コメディー、時代劇、レズビアン、SFものなどエンターテインメントの要素を揃えたロマンポルノイズムを継承したといえるだろう。

 ショッキングピンクに英語をあしらった“オサレ”なポスターが象徴するように、主に若い女性層がターゲット。24日に日本外国特派員協会(東京・有楽町)で行われた会見には“監督5人衆”――塩田明彦氏、白石和彌氏、園子温氏、中田秀夫氏、行定勲氏が登場。若い女性客を意識して製作したと語っていたが、オトーサン世代の琴線にも触れることは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る