てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

高嶋政宏が“変態素顔”をさらす引き金となった2つの出来事

公開日:

「寝るとき、どんな格好で寝る?」(高嶋政宏/テレビ東京「家、ついて行ってイイですか?」10月24日放送)

 まさか、高嶋兄弟がこんな仕上がりになるとは思わなかった。

 かつては“好青年”のイメージが強かった2人だが、弟・高嶋政伸はいまやアクの強い悪役を怪演する超個性派俳優に。そして兄・高嶋政宏(53)は、いつの間にやら口を開けば下ネタが出てくる“変態”キャラが浸透している。

 そんな政宏が、ともにゲスト出演した女優・喜多乃愛に言い放った言葉を今週は取り上げたい。こんなご時世にもかかわらず、やっぱり隙があればセクハラまがいの下ネタを発してしまわずにはいられない。

 今年10月、高嶋政宏はエッセー本を上梓した。その名も「変態紳士」(ぶんか社)。知り合いの女王様から借りたという首輪をつけた裸の高嶋の表紙が強烈だ。この本で高嶋は愛する「SM」「ロック」「スピリチュアル」「グルメ」、そして「妻・シルビア」に「役者業」などを語っている。だが、その分量のバランスがおかしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る