井上トシユキ
著者のコラム一覧
井上トシユキITジャーナリスト

1964年、京都市生まれ。同志社大学文学部卒業後、会社員を経て、98年からジャーナリスト、ライター。IT、ネット、投資、科学技術、芸能など幅広い分野で各種メディアへの寄稿、出演多数。

上原多香子「母の日」騒動 火に油注いだ夫の決定的な一言

公開日: 更新日:

 不倫、元夫の自殺を経て、ついに念願の母となった上原多香子。母の日に投稿したメッセージは、自分だけが新しい命とともに幸せにひたっているかのように受け取った人も多く、違和感をもたれてたちまち数千、数万もの拡散が行われた。

 上原は反応しなかったが、余計な一言を挟んで炎上をこじらせてしまった人物がいた。現夫のコウカズヤである。そして、上原の炎上は、むしろここからが本番とばかりに荒れ、一般にも知られていった。

 コウに「また蚊の大群がウジャウジャ湧いてきました。鬱陶しい。実に鬱陶しい」と吐き捨てられても、これまでにもユスリカやイナゴ、ゴキブリにさえなぞらえられてきた「炎上民」には響かず、ビクともしなかった。

 しかし、続けて「雑誌やネットの表面的な情報だけを汲み取って、人の善悪を決める」「多面的に見ようとしない(中略)まだまだ人間になりきれてないから?かな。がんばれ!人間になれ!」と小バカにされたのにはカチンときたようで、怒涛のような反撃を招いてしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  3. 3

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  4. 4

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  5. 5

    菅政権に“地獄の2週間” 宣言延長と五輪中止は「5.28決着」

  6. 6

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  9. 9

    浜崎あゆみ第2子出産報告に「窮屈さ」を感じるのはなぜか

  10. 10

    夏目三久は有吉弘行を従えて…2ショットに見る“夫婦の形”

もっと見る