宮迫博之の契約解消で飛び火?NEWS手越祐也の消せない過去

公開日: 更新日:

 振り込め詐欺グループのパーティーで「闇営業」していたことが発覚し、謹慎処分を受けていたお笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)。吉本興業は19日、宮迫とのマネジメント契約を解消したことを発表した。事実上の解雇であり、宮迫はこのまま芸能界を引退することになりそうだ。

「宮迫が闇営業でギャラを受け取っていないと嘘をついたこともありますが、決定打になったのは、同日に発売された写真誌フライデーに、宮迫の〈半グレ金塊強奪犯と『ギャラ飲み』現場写真〉をスッパ抜かれたからです」(在京キー局関係者)

 詳細は同誌に詳しいが、宮迫が一緒に飲んで謝礼を受け取る「ギャラ飲み」をした相手が悪すぎた。2016年7月に福岡市で起きた7億6000万円金塊強奪事件の主犯格、野口和樹被告(43)らのグループというのだ。宮迫は、野口被告らと一緒に“記念写真”も撮っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  3. 3

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  4. 4

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  5. 5

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    日韓外相会談物別れでも SNS映えに走る河野外相悪ノリ外遊

  8. 8

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  9. 9

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  10. 10

    F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る