宮迫博之の契約解消で飛び火?NEWS手越祐也の消せない過去

公開日: 更新日:

「撮影されたのは、金塊強奪事件の3週間後。当時は宮迫も、野口被告が実行犯であるとは知る由もなかったでしょう。しかし、野口被告はその頃すでに、名古屋市を拠点にする半グレ集団のリーダー格で、山口組の直系組織ともつながりのある有名なワルだった。そういう反社会的勢力と面識があり、ギャラ飲みをしたとしたら、もう言い訳できません。反社との付き合いが常態化していたと疑われても仕方がない」(前出の在京キー局関係者)

 闇営業問題を受け、コンプライアンス遵守の再徹底を表明した吉本興業としては、「宮迫と何度も話し合ったようですが、謹慎処分では済まされないと判断したのでしょう」(芸能プロ関係者)

 そんな宮迫の騒動が“飛び火”しそうな大物アイドルがいるという。アイドルグループ「NEWS」の手越祐也(31)だ。


「金塊強奪事件に関わった疑いで逮捕された会社役員の男性のフェイスブックに、手越と一緒に写った画像がアップされていたことが2017年に発覚。ファンをやきもきさせました。手越サイドは〈面識もないし、名前も知らない〉〈軽率だった〉などとコメントを出し、その後、逮捕された会社役員も嫌疑不十分で不起訴に。事態は収束しましたが、宮迫の一件で、またぞろ話題にされかねない。それでなくても手越は、2018年の未成年飲酒問題など、トラブル続きですから」(前出の芸能プロ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  5. 5

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  8. 8

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  9. 9

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

  10. 10

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

もっと見る