特殊詐欺グループが蛍原徹ではなく宮迫博之を呼んだワケ

公開日: 更新日:

 2015年に警視庁に逮捕された大野春水受刑者(31)ら40人の特殊詐欺グループ。実体のない太陽光発電会社の社債購入を持ちかけ、高齢者から1年半で20億円を詐取していた。

 よほど羽振りがよかったのか、逮捕の半年前に大野の誕生日会を兼ねて大々的な忘年会を開催。そこにゲストとして参加していたのが、今回問題になっている宮迫博之(49)、田村亮(47)、レイザーラモンHG(43)、福島善成(41)らの芸人だった。

 同じく芸人の入江慎也(42)の仲介で100万円ほどの謝礼で会に参加していたとされるが、なぜそこに雨上がり決死隊蛍原徹ではなく、宮迫博之が呼ばれたのか。あるいはロンブーの田村淳はダメで、なぜ田村亮だったのか?

「仲介した入江氏は、参加者可能リストを事前に詐欺グループに提示し、どの芸人を呼ぶのか判断を仰いだはずです」

 こう話すのは、詐欺・悪徳商法ジャーナリストの多田文明氏だ。

「詐欺集団にとってのリスクは、警察による摘発です。真っ先にリストから外すのは、警察に通報しそうな芸人。詐欺事情に詳しい芸人やハッキリ意見を言うような芸人は外されます」(多田氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  2. 2
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  3. 3
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  4. 4
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

  5. 5
    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

  1. 6
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 7
    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

  3. 8
    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

  4. 9
    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

  5. 10
    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか

    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか