特殊詐欺グループが蛍原徹ではなく宮迫博之を呼んだワケ

公開日: 更新日:

 2015年に警視庁に逮捕された大野春水受刑者(31)ら40人の特殊詐欺グループ。実体のない太陽光発電会社の社債購入を持ちかけ、高齢者から1年半で20億円を詐取していた。

 よほど羽振りがよかったのか、逮捕の半年前に大野の誕生日会を兼ねて大々的な忘年会を開催。そこにゲストとして参加していたのが、今回問題になっている宮迫博之(49)、田村亮(47)、レイザーラモンHG(43)、福島善成(41)らの芸人だった。

 同じく芸人の入江慎也(42)の仲介で100万円ほどの謝礼で会に参加していたとされるが、なぜそこに雨上がり決死隊蛍原徹ではなく、宮迫博之が呼ばれたのか。あるいはロンブーの田村淳はダメで、なぜ田村亮だったのか?

「仲介した入江氏は、参加者可能リストを事前に詐欺グループに提示し、どの芸人を呼ぶのか判断を仰いだはずです」

 こう話すのは、詐欺・悪徳商法ジャーナリストの多田文明氏だ。

「詐欺集団にとってのリスクは、警察による摘発です。真っ先にリストから外すのは、警察に通報しそうな芸人。詐欺事情に詳しい芸人やハッキリ意見を言うような芸人は外されます」(多田氏)

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    西武フロントの致命的欠陥…功労者の引き留めベタ、補強すら空振り連発の悲惨

    西武フロントの致命的欠陥…功労者の引き留めベタ、補強すら空振り連発の悲惨

  2. 2
    西武の単独最下位は誰のせい? 若手野手の惨状に「松井監督は二軍で誰を育てた?」の痛烈批判

    西武の単独最下位は誰のせい? 若手野手の惨状に「松井監督は二軍で誰を育てた?」の痛烈批判

  3. 3
    巨人・小林誠司の先制決勝適時打を生んだ「死に物狂い」なLINE自撮り動画

    巨人・小林誠司の先制決勝適時打を生んだ「死に物狂い」なLINE自撮り動画

  4. 4
    全国紙が全国紙でなくなる?「新聞販売店」倒産急増の背景…発行部数の激減、人手不足も一因に

    全国紙が全国紙でなくなる?「新聞販売店」倒産急増の背景…発行部数の激減、人手不足も一因に

  5. 5
    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

  1. 6
    日本ハムは過去2年より期待できそう 新外国人レイエスが見せつけた恐るべきパワー

    日本ハムは過去2年より期待できそう 新外国人レイエスが見せつけた恐るべきパワー

  2. 7
    大谷はアスリートだった両親の元、「ずいぶんしっかりした顔つき」で産まれてきた

    大谷はアスリートだった両親の元、「ずいぶんしっかりした顔つき」で産まれてきた

  3. 8
    【中日編】立浪監督が「秘密兵器」に挙げた意外な名前

    【中日編】立浪監督が「秘密兵器」に挙げた意外な名前

  4. 9
    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

  5. 10
    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗

    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗