本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏作家

1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆はノンフィクション・小説・エッセー・評論まで幅広い。“東京の異界シリーズ”第5弾「高田馬場アンダーグラウンド」(駒草出版)発売中。「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)が、山田孝之主演でNetflixから世界190カ国同時配信決定。

村西とおるの半生はまるで「ジェットコースター」のようだ

公開日: 更新日:

Netflix「全裸監督」配信記念 特別編#2

 村西とおるがダイヤモンド映像グループを統率し、黒木香、沙羅樹、卑弥呼、田中露央沙、乃木真梨子といった専属女優を雇い、巨万の富を築きながら、放漫経営がたたり、崩壊。村西とおる自身で50億円の負債を背負うはめになった。

 90年代前半から後半にかけてのことである。村西冬の時代であった。

 借金に追われる日々のなか、一人息子がお受験界の最難関小学校に合格、教育界やメディアが大騒ぎとなった。借金返済のために村西とおるはAV以外のこともやった。バスタオル販売、立ち食いそば屋、スタミナドリンク販売。

 一人息子が受かったことで、しばらくAVから離れたところで稼ごうという親心だった。

 カネは相変わらずなく、厳しい取り立てに追われ、心労から眼球の毛細血管が切れて文字通り血の涙を流したほどだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  9. 9

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

  10. 10

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る