本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏作家

1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆はノンフィクション・小説・エッセー・評論まで幅広い。“東京の異界シリーズ”第5弾「高田馬場アンダーグラウンド」(駒草出版)発売中。「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)が、山田孝之主演でNetflixから世界190カ国同時配信決定。

村西とおるも野田義治も価値紊乱者ゆえの孤独を抱えていた

公開日: 更新日:

 バブル全盛期の1988年秋。

 高級住宅街、目黒区青葉台の一角に立つ瀟洒な白亜ビルは、夜通し明かりがともっていた。AVの帝王の異名をもつ村西とおる率いるダイヤモンド映像がこのビルの主であり、スタッフの日比野正明、ターザン八木、ジェラルド、クロコダイル山本といった若者たちが社屋に寝泊まりして働いていた。

 村西とおるはこの年の夏までクリスタル映像の社員監督として活躍し、AVの歴史を変えた黒木香主演「SMぽいの好き」をはじめ、過激な作品を撮りつづけていた。

 クリスタル映像社長は、ビニ本時代の同業者だった西村忠治だった。83年、村西とおるは無修正のヌード写真集、通称“裏本”を製造販売して巨万の富を得た。ところが大がかりにやり過ぎて逮捕され、無一文で出所した。このとき知人だった西村忠治がAVメーカーを立ち上げるので社員監督になったのである。村西とおるという監督名も、西村の名前をひっくり返してこれで世の中にとおるか、という村西流の諧謔から生まれたものだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  4. 4

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  5. 5

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  6. 6

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  7. 7

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  10. 10

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

もっと見る