本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏作家

1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆はノンフィクション・小説・エッセー・評論まで幅広い。“東京の異界シリーズ”第5弾「高田馬場アンダーグラウンド」(駒草出版)発売中。「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)が、山田孝之主演でNetflixから世界190カ国同時配信決定。

伝説のディスコの支配人だった野田はGSブームのど真ん中に

公開日: 更新日:

 1967年から68年にかけて列島を熱狂の渦に巻き込んだグループサウンズ(GS)ブーム。

 ブルー・コメッツ、スパイダース、ジャガーズ、タイガース、テンプターズ、ヴィレッジ・シンガーズ、オックス……。

 永遠に続くかと思われたGSブームだったが、人気グループ、タイガースから加橋かつみ(トッポ)、オックスから赤松愛が脱退。これをきっかけにして急速にGSブームがしぼみ、わずか2年ほどの栄華に終わった。

 我らが野田義治はGSブームが頂点に達した68年、新宿歌舞伎町のディスコ「サンダーバード」の副支配人・支配人を務め、GSブームの渦中にいた、貴重な生き証人でもある。

「サンダーバード」は名だたるGSが新人時代にライブを行った伝説のディスコである。その野田義治に当時の話を聞き出そうとやってきたのが、お笑い関連ライブ・プロデューサーで、放送作家の山中伊知郎であった。彼は個人で出版社・山中企画を切り盛りし、いくつもの本を出してきた。今回は、中性的魅力を振りまき、サブカル界で人気を博するタブレット純を著者に据えた「タブレット純のGS聖地純礼」である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  10. 10

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

もっと見る