歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

公開日: 更新日:

 ヘアヌード写真集に新たな歴史が刻まれる。5大陸94カ国以上を旅してきた作家、旅系タレントの歩りえこが、すべてを脱ぎ捨て、「歩りえこ1st写真集 スフィア」(講談社・撮影:山岸伸)を7月8日にリリースする。Hカップの美巨乳とメリハリのあるカービーボディーは必見。「もともと胸が大きいのはコンプレックスだった」という本人の元を訪ねた。

  ◇  ◇  ◇

 ──今まで雑誌やDVDで多数のグラビアはやられてましたが、意外なことに写真集は初めてだそうですね。

「40歳という節目を迎えて、今後、年齢を重ねていくとどうしても衰えが出てくると思いまして。今の自分の体のすべてを残しておこうかなと」

 ──40歳になって体の変化は感じますか?

「そりゃ、ありますよ~。シミやシワが目立つようになってきたし、痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけにするとか努力してますが、なかなかね。でも、そういうものも含めて今の私を見ていただこうと。でも、若い時にはなかった色気が出てきたのか、最近は60代や70代のオジサマ方からモテるようになりました」

 ──いい出会いはありましたか?

「フフフ。私は、年下の方から年上の方まで好きなんです。あちらの方ばかりじゃなく、大人の余裕があって、お話が楽しい方なら80代でもすてきな男性はたくさんいますよね」

 ──それにしても今回、いい脱ぎっぷりです。

「現場では最初は恥ずかしかったんですが、一度思い切ってしまうと、後は、撮影されている方は自分のことは見えていないので。山岸先生にうまくリードしていただいて、自分は、男の人とのエッチな妄想を頭で考えて表情やポーズをつくることに集中していました」

 ──こうした現場では案外、スタッフの方が照れることがあります。

「そうですね。足を開いたときには、丸見えになっちゃってると思いますね。後ろからお尻の穴も見えちゃってたと思います。でも、私、“アナル処女”なんですよ。海外でいろんな男性に求められましたが、アナルだけは拒否してきたんです。経験が多いと広がってきちゃうから、アナル処女を貫いてきてよかった! と思いましたよ(笑)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  2. 2
    ロンブー淳「ガーシー砲」被弾! “女癖の悪さ”露呈で悲願の政界進出に黄色信号

    ロンブー淳「ガーシー砲」被弾! “女癖の悪さ”露呈で悲願の政界進出に黄色信号

  3. 3
    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

  4. 4
    萩生田氏は“閣外逃亡”で旧統一教会癒着の追及逃れ 経産大臣続投希望はとんだ茶番だった

    萩生田氏は“閣外逃亡”で旧統一教会癒着の追及逃れ 経産大臣続投希望はとんだ茶番だった

  5. 5
    上川隆也は“ポスト水谷豊”か…夏ドラマ不調の中で「遺留捜査」抜群の安定感

    上川隆也は“ポスト水谷豊”か…夏ドラマ不調の中で「遺留捜査」抜群の安定感

  1. 6
    夏の甲子園で選手の熱中症多発 猛暑問題放置は「高野連の改革アレルギー」と識者バッサリ

    夏の甲子園で選手の熱中症多発 猛暑問題放置は「高野連の改革アレルギー」と識者バッサリ

  2. 7
    国際派女優となった島田陽子さんを“潰した”のは誰だったのか?

    国際派女優となった島田陽子さんを“潰した”のは誰だったのか?

  3. 8
    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

  4. 9
    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

  5. 10
    「日本ハムには選手を預けたくない」高校野球の取材現場で聞こえる新庄監督への冷めた反応

    「日本ハムには選手を預けたくない」高校野球の取材現場で聞こえる新庄監督への冷めた反応