【食品表示のホント】マヨネーズには国産じゃない「卵黄」も使われる

公開日:  更新日:

 卵は食品の原材料としても使われます。代表格がマヨネーズでしょうか。卵に酢、塩、植物油などを加えて作られる調味料。「採れて4日以内の国産卵だけを使用した……」といったキャッチコピーのCMを覚えている方も多いのでは? そうです。あのCMは、「採れて5日以上経った輸入卵を使用したマヨネーズ」が売られている可能性を消費者に教えてくれるのです。

 市販されているマヨネーズの表示を見たところで、原材料の「卵黄」が国産か外国産かは分かりません。特別に「国産卵」をうたった商品でなければ、輸入卵の場合もあると理解しておくべきでしょう。

 一般消費者が店で輸入卵を買うことはまずありません。ただ、原材料としてもそうですが、チェーンの飲食店でも使われたりしています。

 ある料理学校でも、かつては使っていました。エサが悪いのか古いのか、持っただけで割れてしまうほど殻が薄い代物。試食の翌日、じんましんに悩まされる生徒が続出し、国産に変更されました。それからは、じんましんに悩まされる生徒もいなくなったそうです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る