【食品表示のホント】マヨネーズには国産じゃない「卵黄」も使われる

公開日: 更新日:

 卵は食品の原材料としても使われます。代表格がマヨネーズでしょうか。卵に酢、塩、植物油などを加えて作られる調味料。「採れて4日以内の国産卵だけを使用した……」といったキャッチコピーのCMを覚えている方も多いのでは? そうです。あのCMは、「採れて5日以上経った輸入卵を使用したマヨネーズ」が売られている可能性を消費者に教えてくれるのです。

 市販されているマヨネーズの表示を見たところで、原材料の「卵黄」が国産か外国産かは分かりません。特別に「国産卵」をうたった商品でなければ、輸入卵の場合もあると理解しておくべきでしょう。

 一般消費者が店で輸入卵を買うことはまずありません。ただ、原材料としてもそうですが、チェーンの飲食店でも使われたりしています。

 ある料理学校でも、かつては使っていました。エサが悪いのか古いのか、持っただけで割れてしまうほど殻が薄い代物。試食の翌日、じんましんに悩まされる生徒が続出し、国産に変更されました。それからは、じんましんに悩まされる生徒もいなくなったそうです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  2. 2

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  3. 3

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  4. 4

    明日海りお「おちょやん」で再出演はナシ…宝塚ファン悲鳴

  5. 5

    五輪開会式までに「国内コロナ死者累計2万人」の驚愕試算

  6. 6

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  7. 7

    インド変異株拡大へ秒読み…連絡つかない入国者は1日300人

  8. 8

    「ドラゴン桜2」若手は粒ぞろい “第2の長澤まさみ”が現れるか

  9. 9

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  10. 10

    インドで新たな変異株が!初期変異株より感染力15倍の衝撃

もっと見る