• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「偽装表示」で高騰する伊勢エビ、牛肉、アワビ…正月のおせちどうなる!?

 ついにサラリーマンの憩いの場である「銀座ライオン」でも、虚偽表示が発覚した。計112品目がウソの表示で、「チリ鮑の醤油煮」のアワビがロコ貝だった。

 全国で、ものすごい数のホテルや飲食店が虚偽表示に手を染めていたわけで、これが一斉にホンモノを買い出したらどうなるのか。当然ながら、需給バランスが崩れてホンモノの値段は高騰する。すでに伊勢エビの築地市場の卸値は、1キロ当たり8000~8500円。例年の3~4割も高い。

 アワビは、NHK朝ドラでおなじみの岩手北産が7年ぶりに1キロ1万円を突破した。岩手漁協の平均事前入札額も、昨年より62%アップの1キロ8576円。ロコ貝の4倍の値段である。

 ステーキ肉が実は成型肉だった牛肉も大幅に価格が上昇。東京市場の18日の取引価格は、「和牛・雌・A5ランク」が前回取引の15日からわずか3日間で、1キロ528円高の2777円。牛肉全体の取引相場は前年同時期に比べ、最大5割も高くなっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  7. 7

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

もっと見る