• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

食材偽装の罰則強化 行政の怠慢で奪われる庶民のプチ贅沢

 05年に発覚した耐震偽装の時もそうだったが、政治家や官僚は大慌てで規制や罰則強化に走りたがる。で、割を食うのはわれわれ庶民だ。

 一連の食材偽装でも、消費者庁は課徴金の導入など、罰則強化を検討中だ。来年の通常国会に景品表示法改正案を提出することを、19日明らかにした。

 自民党の消費者問題調査会が同日まとめた緊急提言では、悪質な虚偽表示には、政府が詐欺容疑などで刑事告発することも考えるべき、と指摘している。ミエミエのウケ狙いだ。

「食材偽装がまかり通っていたことを、消費者庁が知らなかったわけがない。もっと早くに手をつけていれば、偽装の拡大を防げたかもしれない。そもそも現行の景表法でも再発防止の措置命令を出せるし、命令に従わない事業者には最大3億円の罰金、トップには最長2年の懲役が科せられます。罰則を強化したところで所管省庁がサボっていたら、絵に描いた餅。今さら取ってつけたように立ち入り検査をしても後の祭りです」(霞が関事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  3. 3

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  4. 4

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  5. 5

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  6. 6

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  7. 7

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  8. 8

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

  9. 9

    鈴木保奈美は月9復帰 フジテレビ秋改編で泣く人笑う人

  10. 10

    “ハイサイ、グスヨー、チューウカナビラ”は沖縄の強い意志

もっと見る