【食品表示のホント】卵の「産卵日」と「賞味期限」は併記する必要がない

公開日: 更新日:

 メニューとは異なる品種や産地の食材を使用する「偽装表示」が問題になっています。よほどの食通ならいざしらず、一般的な消費者は、ウソをつかれても分かりません。正しい表示は最低限のルールでしょう。

 もっとも、正確に表示されていたとしても、その意味を知らなければ、賢い消費者にはなれません。多くの食品に書かれている表示がどんな情報を伝えているか。それを知っておくことは重要です。

 まずは「卵」の表示について書きましょう。賞味期限を見ると、産卵日も記載されている場合とそうでない場合があります。なぜ、こうした違いが出るのでしょうか。

 卵の賞味期限は産卵日から21日を限度とすることになっています。産卵日を記載する必要はありません。賞味期限だけ表記している卵は、期限ギリギリで記載している可能性があるわけです。両方を併記している店の方が良心的ですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  3. 3

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  4. 4

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  5. 5

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  6. 6

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  7. 7

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  8. 8

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  9. 9

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  10. 10

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

もっと見る