名門ホテルのゴタゴタで露見 “メニュー偽装”を見抜くコツ

公開日:  更新日:

 阪急阪神ホテルズやリッツ・カールトン大阪など一連のメニュー偽装問題ではっきりしたことがある。かなり悪質でない限り、食材偽装は法律で取り締まれないのだ。

「安い外国産牛を国産の高価なブランド牛と偽るなど、著しく優良であるように誤認させる表示は景品表示法に違反しますが、今回のように解凍魚を『鮮魚』と表示しても法的には問題ない。そもそもレストランなどのメニュー表示はJAS法の規制対象外です」(消費者庁関係者)

 冷凍のジュースを「フレッシュジュース」と表示しても、「フレッシュなものを冷凍したジュース」と強弁されたら、どうしようもないのが現状だ。とはいえ「鮮魚のムニエル」を「解凍魚」とは誰も思わない。それが許されてきたから偽装がはびこるわけだが、たまの外食でまでだまされたくない。それにはメニューの“美辞麗句”に乗せられないことだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る