名門ホテルのゴタゴタで露見 “メニュー偽装”を見抜くコツ

公開日:  更新日:

 阪急阪神ホテルズやリッツ・カールトン大阪など一連のメニュー偽装問題ではっきりしたことがある。かなり悪質でない限り、食材偽装は法律で取り締まれないのだ。

「安い外国産牛を国産の高価なブランド牛と偽るなど、著しく優良であるように誤認させる表示は景品表示法に違反しますが、今回のように解凍魚を『鮮魚』と表示しても法的には問題ない。そもそもレストランなどのメニュー表示はJAS法の規制対象外です」(消費者庁関係者)

 冷凍のジュースを「フレッシュジュース」と表示しても、「フレッシュなものを冷凍したジュース」と強弁されたら、どうしようもないのが現状だ。とはいえ「鮮魚のムニエル」を「解凍魚」とは誰も思わない。それが許されてきたから偽装がはびこるわけだが、たまの外食でまでだまされたくない。それにはメニューの“美辞麗句”に乗せられないことだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る