名門ホテルのゴタゴタで露見 “メニュー偽装”を見抜くコツ

公開日: 更新日:

 阪急阪神ホテルズやリッツ・カールトン大阪など一連のメニュー偽装問題ではっきりしたことがある。かなり悪質でない限り、食材偽装は法律で取り締まれないのだ。

「安い外国産牛を国産の高価なブランド牛と偽るなど、著しく優良であるように誤認させる表示は景品表示法に違反しますが、今回のように解凍魚を『鮮魚』と表示しても法的には問題ない。そもそもレストランなどのメニュー表示はJAS法の規制対象外です」(消費者庁関係者)

 冷凍のジュースを「フレッシュジュース」と表示しても、「フレッシュなものを冷凍したジュース」と強弁されたら、どうしようもないのが現状だ。とはいえ「鮮魚のムニエル」を「解凍魚」とは誰も思わない。それが許されてきたから偽装がはびこるわけだが、たまの外食でまでだまされたくない。それにはメニューの“美辞麗句”に乗せられないことだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る