名門ホテルのゴタゴタで露見 “メニュー偽装”を見抜くコツ

公開日: 更新日:

 阪急阪神ホテルズやリッツ・カールトン大阪など一連のメニュー偽装問題ではっきりしたことがある。かなり悪質でない限り、食材偽装は法律で取り締まれないのだ。

「安い外国産牛を国産の高価なブランド牛と偽るなど、著しく優良であるように誤認させる表示は景品表示法に違反しますが、今回のように解凍魚を『鮮魚』と表示しても法的には問題ない。そもそもレストランなどのメニュー表示はJAS法の規制対象外です」(消費者庁関係者)

 冷凍のジュースを「フレッシュジュース」と表示しても、「フレッシュなものを冷凍したジュース」と強弁されたら、どうしようもないのが現状だ。とはいえ「鮮魚のムニエル」を「解凍魚」とは誰も思わない。それが許されてきたから偽装がはびこるわけだが、たまの外食でまでだまされたくない。それにはメニューの“美辞麗句”に乗せられないことだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  7. 7

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  8. 8

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

  9. 9

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  10. 10

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る