中国製バイドゥIMEに「気づかず」 公務員のITリテラシーは大丈夫か

公開日:  更新日:

 総務省が昨年末から、自治体に使用中止を呼びかけていた中国検索最大手「百度(バイドゥ)」の日本語入力ソフト「バイドゥIME」。読売新聞の調査では、29府県市で1000台以上の公用パソコンに使われていたことが分かった。

「バイドゥIME」は、米グーグルや日本のジャストシステムなどが提供している日本語入力ソフトと違い、文字変換精度の向上を口実に、利用者に無断で文字情報をサーバーに送信する設定だった。

 初期設定のまま同ソフトを使ってIDやパスワードをメールに書けば、バイドゥ側に筒抜けだったということ。つまり、住民の個人情報流出の可能性もあるのだ。

 バイドゥ日本法人がソフトをすぐさまアップデートして問題に対応したのは当然としても、呆れるのは、自治体職員のITリテラシーの低さだ。今回の問題は条例違反の恐れもあるのに、当事者意識がまるでゼロなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る