中国製バイドゥIMEに「気づかず」 公務員のITリテラシーは大丈夫か

公開日: 更新日:

 総務省が昨年末から、自治体に使用中止を呼びかけていた中国検索最大手「百度(バイドゥ)」の日本語入力ソフト「バイドゥIME」。読売新聞の調査では、29府県市で1000台以上の公用パソコンに使われていたことが分かった。

「バイドゥIME」は、米グーグルや日本のジャストシステムなどが提供している日本語入力ソフトと違い、文字変換精度の向上を口実に、利用者に無断で文字情報をサーバーに送信する設定だった。

 初期設定のまま同ソフトを使ってIDやパスワードをメールに書けば、バイドゥ側に筒抜けだったということ。つまり、住民の個人情報流出の可能性もあるのだ。

 バイドゥ日本法人がソフトをすぐさまアップデートして問題に対応したのは当然としても、呆れるのは、自治体職員のITリテラシーの低さだ。今回の問題は条例違反の恐れもあるのに、当事者意識がまるでゼロなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    自閉症児が飛行機で一人旅…隣席の男性の親切に全米が共感

  2. 2

    脳腫瘍の男児への贈り物と知らず 盗んだ女2人組の涙の謝罪

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  5. 5

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  6. 6

    高年俸の根尾らに食事驕る 広島小園はハングリーが原動力

  7. 7

    チーム内から不満噴出…日ハム栗山監督「長期政権」の弊害

  8. 8

    デラロサも活躍未知数…G“9助っ人に12億円”に他球団が溜息

  9. 9

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  10. 10

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る