ミニチュアにして持って帰りたい<三ノ輪>

公開日:  更新日:

 江戸時代から記録があるそば屋がある街、とだけ知っていた。住人は「三ノ輪の見どころ? 何があるかなぁ」、元住人は「子供の頃、メソウナギの串をよく食っていた」、そして先に撮影に行ったカメラマンは「どの場所より高齢者が多かった」。何に出合えるだろうと、期待半分、不安半分で駅を降りた。

 都電入り口の「三ノ輪橋商店街」に、まずヤラれた。ほどよい寂れ具合。信じられないくらい薄着のオジチャンが自転車にまたがってチリンチリン。「じゃりん子チエ」の世界である。花屋さんが「寒い中、気をつけて~」と声をかけてくれた。
「ジョイフル三ノ輪」の古書店に、次にシビれた。古書店と思えぬほどスッキリ片付いた店内。単行本は300円、文庫本は100円。見た感じ、売れ筋もマニアック本も一律。こんなに広い店なのに土地代をまかなっていけるのだろうか。いらぬ心配をしてしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る