ミニチュアにして持って帰りたい<三ノ輪>

公開日:  更新日:

 江戸時代から記録があるそば屋がある街、とだけ知っていた。住人は「三ノ輪の見どころ? 何があるかなぁ」、元住人は「子供の頃、メソウナギの串をよく食っていた」、そして先に撮影に行ったカメラマンは「どの場所より高齢者が多かった」。何に出合えるだろうと、期待半分、不安半分で駅を降りた。

 都電入り口の「三ノ輪橋商店街」に、まずヤラれた。ほどよい寂れ具合。信じられないくらい薄着のオジチャンが自転車にまたがってチリンチリン。「じゃりん子チエ」の世界である。花屋さんが「寒い中、気をつけて~」と声をかけてくれた。
「ジョイフル三ノ輪」の古書店に、次にシビれた。古書店と思えぬほどスッキリ片付いた店内。単行本は300円、文庫本は100円。見た感じ、売れ筋もマニアック本も一律。こんなに広い店なのに土地代をまかなっていけるのだろうか。いらぬ心配をしてしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る