• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ミニチュアにして持って帰りたい<三ノ輪>

 江戸時代から記録があるそば屋がある街、とだけ知っていた。住人は「三ノ輪の見どころ? 何があるかなぁ」、元住人は「子供の頃、メソウナギの串をよく食っていた」、そして先に撮影に行ったカメラマンは「どの場所より高齢者が多かった」。何に出合えるだろうと、期待半分、不安半分で駅を降りた。

 都電入り口の「三ノ輪橋商店街」に、まずヤラれた。ほどよい寂れ具合。信じられないくらい薄着のオジチャンが自転車にまたがってチリンチリン。「じゃりん子チエ」の世界である。花屋さんが「寒い中、気をつけて~」と声をかけてくれた。
「ジョイフル三ノ輪」の古書店に、次にシビれた。古書店と思えぬほどスッキリ片付いた店内。単行本は300円、文庫本は100円。見た感じ、売れ筋もマニアック本も一律。こんなに広い店なのに土地代をまかなっていけるのだろうか。いらぬ心配をしてしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る