ハラスメントもここまで…上司を無口に追い込む「パタハラ」って何?

公開日:  更新日:

 安倍政権は成長戦略の柱として「女性活用」を掲げ、都知事選では待機児童問題が争点のひとつになった。今や、男性の育児参加が〈マスト〉になりつつあるが、時代に逆行するような調査結果が出た。

 2012年度の男性の育児休業取得率は1.89%。あれほど夫の育児参加が叫ばれながら、前年度の2.63%から0.74ポイントも減少したのだ。

 なぜ、男の育休は普及しないのか? その背景には「パタハラ」があるといわれている。

 パタハラとは、パタニティー・ハラスメントの略で、英語でパタニティー(Paternity)は「父性」の意味。つまりパタハラとは、男性が父性を発揮する権利や機会を職場の上司や同僚などが侵害することをいうようだ。

 日本労働組合総連合会が男性1000人に「パタニティ・ハラスメントに関する調査」を実施したところ、職場でパタハラをされた経験がある男性は11.6%。原因の1位は「上司や同僚の理解不足・協力不足」の57.3%だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

もっと見る