• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ハラスメントもここまで…上司を無口に追い込む「パタハラ」って何?

 安倍政権は成長戦略の柱として「女性活用」を掲げ、都知事選では待機児童問題が争点のひとつになった。今や、男性の育児参加が〈マスト〉になりつつあるが、時代に逆行するような調査結果が出た。

 2012年度の男性の育児休業取得率は1.89%。あれほど夫の育児参加が叫ばれながら、前年度の2.63%から0.74ポイントも減少したのだ。

 なぜ、男の育休は普及しないのか? その背景には「パタハラ」があるといわれている。

 パタハラとは、パタニティー・ハラスメントの略で、英語でパタニティー(Paternity)は「父性」の意味。つまりパタハラとは、男性が父性を発揮する権利や機会を職場の上司や同僚などが侵害することをいうようだ。

 日本労働組合総連合会が男性1000人に「パタニティ・ハラスメントに関する調査」を実施したところ、職場でパタハラをされた経験がある男性は11.6%。原因の1位は「上司や同僚の理解不足・協力不足」の57.3%だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

もっと見る