• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ハラスメントもここまで…上司を無口に追い込む「パタハラ」って何?

 安倍政権は成長戦略の柱として「女性活用」を掲げ、都知事選では待機児童問題が争点のひとつになった。今や、男性の育児参加が〈マスト〉になりつつあるが、時代に逆行するような調査結果が出た。

 2012年度の男性の育児休業取得率は1.89%。あれほど夫の育児参加が叫ばれながら、前年度の2.63%から0.74ポイントも減少したのだ。

 なぜ、男の育休は普及しないのか? その背景には「パタハラ」があるといわれている。

 パタハラとは、パタニティー・ハラスメントの略で、英語でパタニティー(Paternity)は「父性」の意味。つまりパタハラとは、男性が父性を発揮する権利や機会を職場の上司や同僚などが侵害することをいうようだ。

 日本労働組合総連合会が男性1000人に「パタニティ・ハラスメントに関する調査」を実施したところ、職場でパタハラをされた経験がある男性は11.6%。原因の1位は「上司や同僚の理解不足・協力不足」の57.3%だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  8. 8

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  9. 9

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  10. 10

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

もっと見る