会議とネットでは別人…今どき社員の「二重人格」こう見抜け

公開日:  更新日:

 ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)では、およそ2人に1人が別人格を使っている――これは「トレンド総研」による、20~30代の男女300人を対象にした調査結果だ。「意識的に使い分けている」が25.3%、「無意識のうちに変わっている」が16.3%だった。

 会社では子犬のようにおとなしいあなたの部下の2人に1人は、ネットでは匿名を使い、毒を吐いていると思っていい。
 居酒屋で会社や上司の愚痴を言わなくなった若手社員が、ネットにはけ口を求めるのは仕方ないが、野放しにしたせいで得意先とトラブルを起こされたり、炎上騒ぎになる可能性もある。

 部下に「ツイッターのIDを教えろ」と露骨に言えば、パワハラの恐れもあるから上司はやりにくいが、なんとか部下を傷つけず、仕事への支障を水際で最小限に防ぐコツは知っておきたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る