会議とネットでは別人…今どき社員の「二重人格」こう見抜け

公開日: 更新日:

 ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)では、およそ2人に1人が別人格を使っている――これは「トレンド総研」による、20~30代の男女300人を対象にした調査結果だ。「意識的に使い分けている」が25.3%、「無意識のうちに変わっている」が16.3%だった。

 会社では子犬のようにおとなしいあなたの部下の2人に1人は、ネットでは匿名を使い、毒を吐いていると思っていい。
 居酒屋で会社や上司の愚痴を言わなくなった若手社員が、ネットにはけ口を求めるのは仕方ないが、野放しにしたせいで得意先とトラブルを起こされたり、炎上騒ぎになる可能性もある。

 部下に「ツイッターのIDを教えろ」と露骨に言えば、パワハラの恐れもあるから上司はやりにくいが、なんとか部下を傷つけず、仕事への支障を水際で最小限に防ぐコツは知っておきたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    山崎製パン 飯島延浩社長 軍隊的な異色経営の後継者は?

  10. 10

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

もっと見る