会議とネットでは別人…今どき社員の「二重人格」こう見抜け

公開日:  更新日:

 ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)では、およそ2人に1人が別人格を使っている――これは「トレンド総研」による、20~30代の男女300人を対象にした調査結果だ。「意識的に使い分けている」が25.3%、「無意識のうちに変わっている」が16.3%だった。

 会社では子犬のようにおとなしいあなたの部下の2人に1人は、ネットでは匿名を使い、毒を吐いていると思っていい。
 居酒屋で会社や上司の愚痴を言わなくなった若手社員が、ネットにはけ口を求めるのは仕方ないが、野放しにしたせいで得意先とトラブルを起こされたり、炎上騒ぎになる可能性もある。

 部下に「ツイッターのIDを教えろ」と露骨に言えば、パワハラの恐れもあるから上司はやりにくいが、なんとか部下を傷つけず、仕事への支障を水際で最小限に防ぐコツは知っておきたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る