「65歳地域デビュー」の成否は「55歳からの10年」で決まる

公開日: 更新日:

 団塊世代が65歳の節目を迎え、“完全退職者”がドッと増える今年、何かと注目を集めるのが「地域デビュー」だ。

 現役時代を引きずらない、妻や女性を敵に回さないなど鉄則はさまざま言われるが、すんなり溶け込めるか、それとも“地域難民”になるかは、デビュー10年前、つまり55歳の時点で決まっている。

 55歳といえば、時間とお金に余裕が生まれ、趣味や手習いで仕事以外でのコミュニケーションが増える年齢。民間のカルチャースクールも最近は50代を中心に賑わうが、実はトラブルを起こすのも、決まって彼ら50代だという。

 ある音楽教室の関係者が打ち明ける。

「期末の発表会のために生徒同士でバンドを結成すると、ちょっと楽器演奏がうまいからと、若い生徒に高圧的だったり、会社の上下関係をそのまま教室に持ち込む50代が少なくありません。会社のストレスを、エレキギターの爆音で発散したい気持ちは分かりますが、バンドの練習にならないと、30~40代の生徒から敬遠されています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る