• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“オボちゃん”でさらに脚光 企業で「リケジョ」引っ張りだこ

 万能細胞「STAP細胞」で一躍“時の人”になった理化学研究所の小保方晴子さん(30=早大卒)の影響で、「リケジョ」への関心が増している。ご存じの方も多いと思うが、「理系女子」の略。今や企業も注目。「ミス理系コンテスト」なんていうイベントがあるくらいだ。

 リケジョへの熱い視線は研究業界に限らない。
 業績好調のKDDIは「技術系採用者に占める女子比率20%を目指す」という目標を掲げたほど。同社では技術研究職に限らず、マーケティング、営業でもリケジョを積極採用している。

■メーカー、銀行、生損保が“営業職”で起用

 ある人事コンサルタントがこう言う。
「銀行でもリケジョは、法人営業から企業財務、経営企画、確率統計を使うマーケティング部などでも引っ張りだこです」

 ある銀行の人事担当者がその言葉を裏付ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  7. 7

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

もっと見る