• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“オボちゃん”でさらに脚光 企業で「リケジョ」引っ張りだこ

 万能細胞「STAP細胞」で一躍“時の人”になった理化学研究所の小保方晴子さん(30=早大卒)の影響で、「リケジョ」への関心が増している。ご存じの方も多いと思うが、「理系女子」の略。今や企業も注目。「ミス理系コンテスト」なんていうイベントがあるくらいだ。

 リケジョへの熱い視線は研究業界に限らない。
 業績好調のKDDIは「技術系採用者に占める女子比率20%を目指す」という目標を掲げたほど。同社では技術研究職に限らず、マーケティング、営業でもリケジョを積極採用している。

■メーカー、銀行、生損保が“営業職”で起用

 ある人事コンサルタントがこう言う。
「銀行でもリケジョは、法人営業から企業財務、経営企画、確率統計を使うマーケティング部などでも引っ張りだこです」

 ある銀行の人事担当者がその言葉を裏付ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  4. 4

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  5. 5

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

  6. 6

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  7. 7

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  8. 8

    フリー転身説浮上 NHK桑子真帆アナに有働アナが“急接近”

  9. 9

    まだあるNEWS小山の“未成年飲酒”目撃談…六本木では有名人

  10. 10

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

もっと見る