国家試験“ストレート合格率”で探る「私大薬学部」の実力

公開日: 更新日:

6年間で私立なら1200万円…

 生涯食いっぱぐれのないようわが子を将来、薬剤師にでもしたい――。そう考えている親は今年の薬剤師国家試験の結果を見て、青ざめたはずだ。

 全体の合格率は60.84%で、73大学中16校が50%以下。なかには13.22%という第一薬科大のような例もあった。
 新卒合格率は70.49%と少しはマシだったが、この中には留年組も含まれている。

 6年間に私立なら1200万円、国立でも350万円もの学費をかける以上、ストレートで国家試験にパスしてもらいたい、というのが親の本音。各大学の“ストレート合格率”はどうなっているのか?

「薬学部が増えて偏差値が下がった結果、勉強の習慣のない学生が入学、留年が多くなっています。大学も国家試験の合格率が志願者数に跳ね返るため、昔から合格できそうもない学生は留年させたり、9月卒業という形で受験させない。そのため、正確なストレート合格率をはじき出すのは難しい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

  3. 3

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  4. 4

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    また「民主党も」発言…いつまであの人を有難がって使う?

  7. 7

    結納の情報も…嵐・櫻井の元ミス慶応彼女が歓迎されるワケ

  8. 8

    ゴーンが極秘に語った「日産は2~3年以内に倒産」の現実味

  9. 9

    子供には食べさせたくない 高カロリーな異性化糖入り菓子

  10. 10

    巨人二軍監督に就任後 まず岡本を7番から4番に固定した

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る