• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

国家試験“ストレート合格率”で探る「私大薬学部」の実力

6年間で私立なら1200万円…

 生涯食いっぱぐれのないようわが子を将来、薬剤師にでもしたい――。そう考えている親は今年の薬剤師国家試験の結果を見て、青ざめたはずだ。

 全体の合格率は60.84%で、73大学中16校が50%以下。なかには13.22%という第一薬科大のような例もあった。
 新卒合格率は70.49%と少しはマシだったが、この中には留年組も含まれている。

 6年間に私立なら1200万円、国立でも350万円もの学費をかける以上、ストレートで国家試験にパスしてもらいたい、というのが親の本音。各大学の“ストレート合格率”はどうなっているのか?

「薬学部が増えて偏差値が下がった結果、勉強の習慣のない学生が入学、留年が多くなっています。大学も国家試験の合格率が志願者数に跳ね返るため、昔から合格できそうもない学生は留年させたり、9月卒業という形で受験させない。そのため、正確なストレート合格率をはじき出すのは難しい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る