国家試験“ストレート合格率”で探る「私大薬学部」の実力

公開日: 更新日:

6年間で私立なら1200万円…

 生涯食いっぱぐれのないようわが子を将来、薬剤師にでもしたい――。そう考えている親は今年の薬剤師国家試験の結果を見て、青ざめたはずだ。

 全体の合格率は60.84%で、73大学中16校が50%以下。なかには13.22%という第一薬科大のような例もあった。
 新卒合格率は70.49%と少しはマシだったが、この中には留年組も含まれている。

 6年間に私立なら1200万円、国立でも350万円もの学費をかける以上、ストレートで国家試験にパスしてもらいたい、というのが親の本音。各大学の“ストレート合格率”はどうなっているのか?

「薬学部が増えて偏差値が下がった結果、勉強の習慣のない学生が入学、留年が多くなっています。大学も国家試験の合格率が志願者数に跳ね返るため、昔から合格できそうもない学生は留年させたり、9月卒業という形で受験させない。そのため、正確なストレート合格率をはじき出すのは難しい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る