• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

国家試験“ストレート合格率”で探る「私大薬学部」の実力

6年間で私立なら1200万円…

 生涯食いっぱぐれのないようわが子を将来、薬剤師にでもしたい――。そう考えている親は今年の薬剤師国家試験の結果を見て、青ざめたはずだ。

 全体の合格率は60.84%で、73大学中16校が50%以下。なかには13.22%という第一薬科大のような例もあった。
 新卒合格率は70.49%と少しはマシだったが、この中には留年組も含まれている。

 6年間に私立なら1200万円、国立でも350万円もの学費をかける以上、ストレートで国家試験にパスしてもらいたい、というのが親の本音。各大学の“ストレート合格率”はどうなっているのか?

「薬学部が増えて偏差値が下がった結果、勉強の習慣のない学生が入学、留年が多くなっています。大学も国家試験の合格率が志願者数に跳ね返るため、昔から合格できそうもない学生は留年させたり、9月卒業という形で受験させない。そのため、正確なストレート合格率をはじき出すのは難しい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る