最後の“ゆとり世代” 今から間に合う就職に強い「お得」大学

公開日:  更新日:

 今年の大学入試に挑んでいるのは「ゆとり教育」の最後の学年だ。来年度入試は新過程を学んでいない浪人生は旧課程の問題を選択できるという。不利にならないための経過措置だが、それでも「甘やかされてきた“ゆとり”は不安なのでしょう。今年中に決めたいという学生は多い」(教育関係者)とか。そのため、出願校選びに悩む受験生が少なくないという。

 親としても現役で進学してくれた方がありがたい。余分なカネがかからないし、早く安心したいだろう。そこで、受験の専門家にまだ間に合う受験の“穴場”を聞いた。左の表は、最新の就職率ランキングである。

「大学通信」ゼネラルマネジャーの安田賢治氏がこう言う。
「食いっぱぐれる心配がないのが、工学系、医療・看護系です。ランキングを見ると、工業大や薬科大が並んでいる。全国的に無名でも、愛工大や金工大は教育体制や就職サポートが手厚いからおすすめです。東京福祉大をはじめ、人材が足りない福祉系も企業から引く手あまたです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る