会社員3割が「不足」を自覚 「雑談力」「表現力」をつける

公開日: 更新日:

「自分に足りないのは雑談力と表現力」──。
 こんなサラリーマンが多いという調査結果が注目されている。人材派遣業の「VSN」が20~40代の会社員600人を対象に行った「ビジネスパーソン意識調査」だ。それによると、自分に不足しているスキルとして一番多かった答えは「雑談力」の29.2%。2位は「表現力」で27.2%だった。

「雑談力は世間の幅広い情報を得て、社員同士などで分け合う能力です。表現力はそうした話をきちんと分かりやすく伝える力。顧客とのビジネス会話にも重要です」(同社広報宣伝グループ)

■商談4割、あと雑談

 人事コンサルタントの菅野宏三氏によると、いまの若者の雑談力が弱いのは電子メールのせいだという。メールは一方的に意思を伝えるツール。子どものころから電話で話すこともせず、メールに依存していると、他人と雑談する習慣を身につけることができない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  3. 3

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  4. 4

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  5. 5

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  6. 6

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  9. 9

    作家・中村文則氏 国民の命にまで…安倍政権はもう限界だ

  10. 10

    デンマークなぜキャッシュレス大国に 在日大使館に聞いた

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る