会社員3割が「不足」を自覚 「雑談力」「表現力」をつける

公開日:  更新日:

「自分に足りないのは雑談力と表現力」──。
 こんなサラリーマンが多いという調査結果が注目されている。人材派遣業の「VSN」が20~40代の会社員600人を対象に行った「ビジネスパーソン意識調査」だ。それによると、自分に不足しているスキルとして一番多かった答えは「雑談力」の29.2%。2位は「表現力」で27.2%だった。

「雑談力は世間の幅広い情報を得て、社員同士などで分け合う能力です。表現力はそうした話をきちんと分かりやすく伝える力。顧客とのビジネス会話にも重要です」(同社広報宣伝グループ)

■商談4割、あと雑談

 人事コンサルタントの菅野宏三氏によると、いまの若者の雑談力が弱いのは電子メールのせいだという。メールは一方的に意思を伝えるツール。子どものころから電話で話すこともせず、メールに依存していると、他人と雑談する習慣を身につけることができない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る