経済小説家の真山仁さんに聞く サラリーマンが生き残る処方箋

公開日: 更新日:

「先日、タクシーに乗ったら、運転手さんがボヤいていました。『12月なのに客が少ない。消費税増税のせいですよ』と。でも、消費税はまだ上がっていません。景気は『気』という漢字を当てるように、マイナスの影響を先取りして解釈する人がいます。タクシーの運転手さんはその典型。増税がスタートする4月からは、そういうムードがもっと広がって、景気は確実に悪くなるでしょう」

 こう断言するのは、ハゲタカシリーズでおなじみの経済小説家・真山仁氏。

 消費税が8%に上がるだけでなく、軽自動車税もアップ。

 給与所得控除は縮小され、課税対象額は増える。サラリーマンには、厳しいメニューが並ぶが、それでも毎日の生活は続く。

 増税の波にのみ込まれず、サラリーマンが生き残るにはどうすればいいか? 詳しく聞いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  4. 4

    玉川徹だけじゃない コロナ報道で“的を得ている”2人の名前

  5. 5

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  6. 6

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  7. 7

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  8. 8

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

  9. 9

    渡部建は複数女性と…美人妻と結婚した男ほど浮気する心理

  10. 10

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

もっと見る