• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ドコモがiPhone6「下取りキャンペーン」で先行

 キャリア3社が19日から販売する米アップルの新型スマートフォン「iPhone6」「iPhone6Plus」。その機能ももちろんだが、ユーザーにとってどうしても気になるのは機種代金や割引キャンペーンなど価格に関することだ。

 そこで3社の機種代金の実質負担額を比べてみると、機種代金の総額で最も安いのはソフトバンク。以下KDDI、ドコモの順で続いている。しかし、「月々サポート」などの割引サービスを使うことで実質負担額は3社ともほとんど差がなく、ほぼ横並びといってもいいだろう。

 となると注目すべきは割引キャンペーンということになってくるが、下取り価格でいえば最大4万3200円というこれまでにない金額をドコモがいち早く発表し、ソフトバンクも同様のプランを打ち出している。

 また、ドコモでは、以前利用していたユーザーを対象としたキャンペーン「おかえりボーナス」を実施する。これは過去にドコモで使っていた同一の番号で、他社から乗り換える場合に適用されるサービスで、機種代金から1万800円が割引される他、ドコモ解約時のドコモポイント相当額も割引されるというものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る