若手よりヒドイ 職場ひっかき回す「厄介者」は40~50代

公開日:  更新日:

 日本法規情報が先月実施した「トラブルの多い職場の傾向」(男女678人が回答)の調査によると、約8割が「職場に何らかのトラブル」を抱えているという。内訳は、「悪口、噂がある」(32%)が最も多く、「モラハラがある」(12%)、「無視されている(人がいる)」(11%)と続く。

 興味深いのは“トラブルメーカー”が誰なのかということだ。年代別でみると、最も多いのが「40~50代(の多い職場ほど、トラブルが多い)」(24%)で「ゆとり世代」(12%)、「30代」(9%)となっている。

「まったく最近の若者は」なんて言っているサラリーマンは自分を振り返った方がよさそうだ。

 人事コンサルタントの菅野宏三氏が言う。
「職場でトラブルを起こすのは、40~50代が圧倒的です。特に50代。20代の景気のいい時代に、やりたい放題だった上司を見て育っているし、若い頃にコンプライアンスの研修を受けていない人が多い。個人情報漏洩やセクハラなど倫理問題の意識は低いのです。例えば、1度断られたことのある女性社員を食事に誘ったり、携帯アドレスを聞いて訴えられた人がいます。飲み会で女性にお酒をつがせるのはもちろん、名字にチャン付けでも相手が不快に感じればアウト。迷惑がられていることを認識しなければなりません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  4. 4

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  5. 5

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

もっと見る