人間関係も解消…職場の迷惑な人は視線を合わせないに限る

公開日:  更新日:

 これ見よがしに部下を叱る人がいる。まるで歌舞伎役者の口上のように目を見開き、実に気持ち良さそうだ。ただし、近くにいる者はイライラするし、腹も立つ。最悪なのは、そんな人につかまってしまった場合だ。

 職場の困った人の対処法は、相手にしないこと──。こう言うのは、精神科医で「プライドが高くて迷惑な人」「他人を攻撃せずにはいられない人」(共にPHP新書)などベストセラーを連発する片田珠美氏だ。

「根性曲がりは、どの職場にも必ずひとりはいます。そういう人とはうまく付き合おうとは考えず、スルーしましょう。精神科医の立場から言わせてもらえば、病気は薬で治せますが、性格は治らない。カウンセリングで多少は変わる……というのも幻想です」

 仕事でミスをした部下に「オレの顔に泥を塗る気か」「周りがどれほど迷惑しているか分かっているのか」と激高している上司をよく見かける。余裕がなく、小心者ほど声は大きい。このタイプは「そういう人なのだ」と諦めるしかない。いつか互いに理解し合え、丸く収まるといった大団円は期待する方が疲れる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  4. 4

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  5. 5

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

もっと見る