あの団塊上司がまた職場に…再雇用オジさんとの付き合い方

公開日: 更新日:

「元部長、定年退職でやっと辞めてくれたと思ったら、再雇用でまた同じ職場に戻ってきちゃった」

 こう言うのは、ある金融機関の法務部門主任A氏(35)だ。

 A氏の会社の定年は65歳。昨年、義務化された「改正高年齢者雇用安定法」を先取りしていた。それはいいのだが、最近、65歳以上でも継続雇用される制度ができ、ややこしいことになってしまった。

「60~65歳は別の部署で仕事をしていたが、契約社員となり、本人希望も入れて元の職場で補助的な業務を行うことが当たり前になっている。ラインから外れているから、本人も怖いものなし。我々、“元部下”に対して、いまだ上司ヅラして、〈何の話してんの?〉なんて首を突っ込んでは余計なアドバイスをしてくる。しかも、そのアドバイスが時代遅れでピントがずれまくっているんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  2. 2

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  3. 3

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  4. 4

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  5. 5

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  8. 8

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  9. 9

    加藤官房長官“ジャラジャラ”手首に目がクギ付け 「何の願掛け?」と記者たちで話題に

  10. 10

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

もっと見る