あの団塊上司がまた職場に…再雇用オジさんとの付き合い方

公開日:  更新日:

「元部長、定年退職でやっと辞めてくれたと思ったら、再雇用でまた同じ職場に戻ってきちゃった」

 こう言うのは、ある金融機関の法務部門主任A氏(35)だ。

 A氏の会社の定年は65歳。昨年、義務化された「改正高年齢者雇用安定法」を先取りしていた。それはいいのだが、最近、65歳以上でも継続雇用される制度ができ、ややこしいことになってしまった。

「60~65歳は別の部署で仕事をしていたが、契約社員となり、本人希望も入れて元の職場で補助的な業務を行うことが当たり前になっている。ラインから外れているから、本人も怖いものなし。我々、“元部下”に対して、いまだ上司ヅラして、〈何の話してんの?〉なんて首を突っ込んでは余計なアドバイスをしてくる。しかも、そのアドバイスが時代遅れでピントがずれまくっているんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る