• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

職場の「ジェネレーションZ」を知る3つのキーワード

「ジェネレーションZ」という言葉をご存じだろうか? 国によって年齢の定義は若干異なるが、日本では85~92年のバブル期に生まれた22歳から29歳の世代を指す。生まれながらにしてインターネットと触れ合ってきたデジタル人間で、物静かなのが特徴だ。

 挨拶もするし、指示にもきちんと応じる。しかし、どこか熱意が足りないような気がする。上司の自分に〈その仕事を進める上でどういうことに気をつけるべきですか?〉と何でも質問してくるが、決して向上心からとは思えず、理解に苦しむ。人事ジャーナリストの栗原昇氏がこう言う。

「Z世代が何でも気軽に質問するのは、決してあなたを慕っているのではありません。ネット検索に慣れ、質問すれば返答をもらえるのが当たり前だと思っているからです。面倒くさいですが、彼らにとってはそれが普通なのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  9. 9

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

  10. 10

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

もっと見る