• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中高年ストーカー急増 手練れたモテ男ほどドツボにハマる

「中高年ストーカーが急増」――14日付の東京新聞がそう報じたが、他人事で片づけるわけにはいかない。

 警視庁が昨年1~9月に摘発した40代以上のストーカーは97人で、前年同期比3・6倍増、9割近くが男だという。ちなみに、13年に摘発された全国の中高年ストーカーは8466人に上る。

「被害者と加害者の関係は『交際相手』と『元交際相手』が過半数を占める。要は、痴情のもつれです」(捜査事情通)

 そう聞くと、遊び慣れていない独身オヤジのストーカーが急増しているように思いがちだが、それだけじゃない。

「若い頃から、そこそこモテてきたという中年男性のほうが危ないケースもあります」と、結婚・離婚カウンセラーの山崎世美子氏がこう言う。
「女性からすれば、男性も40歳を過ぎたら、ただのオジサン。ところが、遊びまくって婚期を逸した男性は“過去の栄光”を引きずったまま、『まだイケる』と勘違いしています。とっくにオジサン扱いされている現実を受け入れられない。過去の恋愛ではずっと捨てる側だったので、フラれる側の気持ちも分かりません。女性のほうから逃げられた経験がないので、『何で俺が』と逆上し、執着し、ストーカー行為に走りがちなのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る