中高年ストーカー急増 手練れたモテ男ほどドツボにハマる

公開日: 更新日:

「中高年ストーカーが急増」――14日付の東京新聞がそう報じたが、他人事で片づけるわけにはいかない。

 警視庁が昨年1~9月に摘発した40代以上のストーカーは97人で、前年同期比3・6倍増、9割近くが男だという。ちなみに、13年に摘発された全国の中高年ストーカーは8466人に上る。

「被害者と加害者の関係は『交際相手』と『元交際相手』が過半数を占める。要は、痴情のもつれです」(捜査事情通)

 そう聞くと、遊び慣れていない独身オヤジのストーカーが急増しているように思いがちだが、それだけじゃない。

「若い頃から、そこそこモテてきたという中年男性のほうが危ないケースもあります」と、結婚・離婚カウンセラーの山崎世美子氏がこう言う。
「女性からすれば、男性も40歳を過ぎたら、ただのオジサン。ところが、遊びまくって婚期を逸した男性は“過去の栄光”を引きずったまま、『まだイケる』と勘違いしています。とっくにオジサン扱いされている現実を受け入れられない。過去の恋愛ではずっと捨てる側だったので、フラれる側の気持ちも分かりません。女性のほうから逃げられた経験がないので、『何で俺が』と逆上し、執着し、ストーカー行為に走りがちなのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る