座裏も人気やで<大阪>

公開日:  更新日:

 我が故郷、大阪は、もともと「大坂」という表記だった。今の「大阪」が併用され始めたのは江戸時代だそうな。就職で離れて20年近く、それほど頻繁には帰阪していなかったが、ここ数年、折を見て足を運んでいる。

 きっかけは数年前、出張時に飛行機で読んだ機内誌の記事だった。難波の千日前周辺にイカす飲み屋街が形成され、「裏なんば」と呼ばれ人気だという。「そりゃ行かなあかんで」と、その年の帰省時に出かけると、昼すぎから珠玉の酒と料理を出す店がオープンし、老若男女で賑わっている。こりゃええわ、と通っていたら、昨年末、隣の酔客から「座裏も人気やで」と聞いた。

 旧歌舞伎座の裏が、座裏。大阪人以外の血が一滴も混じっていない、生粋の大阪人の私だが、昨今、大阪弁を話すたびに「東京の人やろ?」と言われるほど“大阪人”から遠ざかっている。だから、旧歌舞伎座といってもすぐに場所を思い出せず、道に迷い、座裏にたどり着いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

もっと見る