• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

座裏も人気やで<大阪>

 我が故郷、大阪は、もともと「大坂」という表記だった。今の「大阪」が併用され始めたのは江戸時代だそうな。就職で離れて20年近く、それほど頻繁には帰阪していなかったが、ここ数年、折を見て足を運んでいる。

 きっかけは数年前、出張時に飛行機で読んだ機内誌の記事だった。難波の千日前周辺にイカす飲み屋街が形成され、「裏なんば」と呼ばれ人気だという。「そりゃ行かなあかんで」と、その年の帰省時に出かけると、昼すぎから珠玉の酒と料理を出す店がオープンし、老若男女で賑わっている。こりゃええわ、と通っていたら、昨年末、隣の酔客から「座裏も人気やで」と聞いた。

 旧歌舞伎座の裏が、座裏。大阪人以外の血が一滴も混じっていない、生粋の大阪人の私だが、昨今、大阪弁を話すたびに「東京の人やろ?」と言われるほど“大阪人”から遠ざかっている。だから、旧歌舞伎座といってもすぐに場所を思い出せず、道に迷い、座裏にたどり着いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る