今年も実施 「ゆう活」でリズム狂い予期不安に陥る可能性

公開日: 更新日:

 やっぱりな、という感じだ。政府は、毎月最終金曜を「プレミアムフライデー」として午後3時に仕事を終わらせ、余った時間を買い物や旅行など個人消費にあてさせようという狙いだが、人材サービス会社の調査によると「何もしなかった」が44%弱で最多。つまり、“笛吹けども踊らず”だったのだ。

 それも当然だろう。アフター5に何をしようが個人の勝手。お金を使わず家でじーっとしていたい人もいる。ライフスタイルを他人にとやかく言われる筋合いはない。

 このトンチンカンな感じ、どこかで覚えがあると思ったら、昨年・一昨年に政府の肝いりで行われた「ゆう活」にソックリ。国家公務員を対象に、7~8月の2カ月間、始業時間を1~2時間前倒しして、その分、夕方は早めに切り上げ、残業を減らし、プライベートを充実させようという目的のキャンペーンだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  4. 4

    遅すぎた対応…東京五輪本番に“感染パニック”襲来の危機

  5. 5

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  6. 6

    杏&東出昌大「2億円豪邸」は離婚危機の歯止めにならない?

  7. 7

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  8. 8

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  9. 9

    20年ぶりの幕尻V 徳勝龍を支えた肝っ玉母と美人妻を直撃

  10. 10

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る