今年も実施 「ゆう活」でリズム狂い予期不安に陥る可能性

公開日:

 やっぱりな、という感じだ。政府は、毎月最終金曜を「プレミアムフライデー」として午後3時に仕事を終わらせ、余った時間を買い物や旅行など個人消費にあてさせようという狙いだが、人材サービス会社の調査によると「何もしなかった」が44%弱で最多。つまり、“笛吹けども踊らず”だったのだ。

 それも当然だろう。アフター5に何をしようが個人の勝手。お金を使わず家でじーっとしていたい人もいる。ライフスタイルを他人にとやかく言われる筋合いはない。

 このトンチンカンな感じ、どこかで覚えがあると思ったら、昨年・一昨年に政府の肝いりで行われた「ゆう活」にソックリ。国家公務員を対象に、7~8月の2カ月間、始業時間を1~2時間前倒しして、その分、夕方は早めに切り上げ、残業を減らし、プライベートを充実させようという目的のキャンペーンだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  9. 9

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  10. 10

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

もっと見る