五木寛之 流されゆく日々

1932年福岡県生まれ。早稲田大学文学部ロシア文学科中退。66年「さらばモスクワ愚連隊」で小説現代新人賞、67年「蒼ざめた馬を見よ」で第56回直木賞。76年「青春の門 筑豊篇」ほかで吉川英治文学賞を受賞。2002年には菊池寛賞、10年NHK放送文化賞、毎日出版文化賞特別賞を受賞。本紙連載「流されゆく日々」は16年9月5日に連載10000回を迎え、ギネス記録を更新中。小説以外にも幅広い批評活動を続ける。代表作に「風に吹かれて」「戒厳令の夜」「風の王国」「大河の一滴」「TARIKI」「親鸞」(三部作)など。最新作に「新 青春の門 第九部 漂流篇」などがある。

連載10175回 自分自身のための広告─近況・新刊・連載・その他─ <2>

公開日: 更新日:

(昨日のつづき)
 昔の流行作家というのは、俗にいう「カンヅメ」というのをよくやったものだった。「カンヅメ」とは、自宅を離れて、どこかホテルの一室とか旅館などに閉じこもることである。怠けないように作家を監禁して、編集者が見張るのだ。要するにブロイラーのニワトリのよう…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  4. 4

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  7. 7

    多部「ナギサさん」vs篠原「ハケン」働く女子に刺さるのは

  8. 8

    「ナギサさん」大森南朋が可愛すぎる家政夫にハマったワケ

  9. 9

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

  10. 10

    会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

もっと見る