コンテナ船と衝突で死者 「イージス艦」には意外な盲点が

公開日:

 イージス艦は、半径数百キロをカバーする高性能のレーダーを搭載しているという。それによって味方を攻撃してくるミサイルや戦闘機を同時に迎撃することも可能。防衛能力は世界最高水準だ。さすがギリシャ神話の「盾」を名前にしているだけのことはある。射程範囲に侵入した敵は、たとえアリ一匹でも許さない、といった感じである。

 そんなコワモテのイージス艦が、すぐそばを航行中のコンテナ船と衝突した……あれ? 高性能レーダーはどうなってるの? まさかハリボテ?

「イージス艦が優れているのは対空レーダーの性能です。空から侵入・攻撃してくる複数の相手を同時に叩くことができる。防空能力はナンバーワンです。ただし、海に浮かんでいる船舶に対する水上レーダーは、民間のコンテナ船に搭載されているものと大差ありません。周囲の確認は最終的にアナログ頼みで、ウオッチと呼ばれる見張り役が望遠鏡で行っています。夜になると、7~8人の当直士官が近くを航行する船舶を警戒することになるのです。今回の事故は原因がまだハッキリしませんが、衝突回避の能力が高いわけではありません」(軍事ジャーナリストの世良光弘氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る