ANAに聞いた 機内シートベルト“着用サイン”はなぜ必要?

公開日:  更新日:

 航空機のシートベルトは、着用を義務付ける範囲が決まっているのに、なぜかずっと締めるように求められる。それでいて、シートベルト着用のサインだけは消されるのだ。これはいったいなぜなのか。

 最近はクルマの助手席だけでなく、後部座席でもシートベルトの着用が義務付けられている。観光バスも乗客は全員締めなければならない。こうなると、不意の揺れに襲われやすい空の上も着用が義務付けられても不思議ではないが、いまのところは「シートベルト着用サイン」が消えれば、締めなくてもOKになっている。ただし、そうなったときもCAさんは「着席時はお締めください」とアナウンスしてくるから、結局、締めなければならない。それならば、最初から常に着用を義務付ければいいのではないか。そもそも上空で着用サインを消す必要はあるのだろうか。

 そこでANA(全日本空輸)に聞いてみると、「当社では、国土交通省航空局の通達に基づいて、着用のサインを点灯するのは5つのケースと規定しています」(広報部)と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る