ANAに聞いた 機内シートベルト“着用サイン”はなぜ必要?

公開日: 更新日:

 航空機のシートベルトは、着用を義務付ける範囲が決まっているのに、なぜかずっと締めるように求められる。それでいて、シートベルト着用のサインだけは消されるのだ。これはいったいなぜなのか。

 最近はクルマの助手席だけでなく、後部座席でもシートベルトの着用が義務付けられている。観光バスも乗客は全員締めなければならない。こうなると、不意の揺れに襲われやすい空の上も着用が義務付けられても不思議ではないが、いまのところは「シートベルト着用サイン」が消えれば、締めなくてもOKになっている。ただし、そうなったときもCAさんは「着席時はお締めください」とアナウンスしてくるから、結局、締めなければならない。それならば、最初から常に着用を義務付ければいいのではないか。そもそも上空で着用サインを消す必要はあるのだろうか。

 そこでANA(全日本空輸)に聞いてみると、「当社では、国土交通省航空局の通達に基づいて、着用のサインを点灯するのは5つのケースと規定しています」(広報部)と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  3. 3

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  4. 4

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  5. 5

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  6. 6

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  9. 9

    五輪マラ史上最悪 元陸連幹部が憤怒の北大構内“21”の危険

  10. 10

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

もっと見る