フランスベッド赤ちゃん型ロボ「たあたん」の“抱き効果”

公開日: 更新日:

 寝具大手のフランスベッド(東京・新宿区)は、先月、認知症患者向けに、赤ちゃん型ロボット「泣き笑いたあたん」(税込み1万5984円)の発売を開始した。ドールセラピーという手法で、本物の赤ちゃんの声を使用した泣き声と笑い声が、利用者の感情に訴えかけ、積極的な行動や感情を促すという。

 どんな機能があるのだろうか。日刊ゲンダイの記者が「たあたん」を抱いてみた。

 身長47センチで、肌触りも本物の赤ちゃんを思わせる。体重は高齢者に負担にならないよう、1.4キロと軽くしているため、ズッシリした感じはない。背中のスリープモードをオフにすると、「アーン」「キャキャ」と、泣いたり、笑ったりを繰り返す。思わず顔がほころぶ。寝かすと目を閉じ、起こすと目を開ける。じっと「たあたん」の顔を見ると眉毛がない。機能はたったこれだけだ。フランスベッドホールディングスの広報担当者はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  4. 4

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  5. 5

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  6. 6

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  7. 7

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  8. 8

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  9. 9

    Cocomi&Koki,自宅からインスタライブで“匂わせ家族”加速

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る