フランスベッド赤ちゃん型ロボ「たあたん」の“抱き効果”

公開日: 更新日:

 寝具大手のフランスベッド(東京・新宿区)は、先月、認知症患者向けに、赤ちゃん型ロボット「泣き笑いたあたん」(税込み1万5984円)の発売を開始した。ドールセラピーという手法で、本物の赤ちゃんの声を使用した泣き声と笑い声が、利用者の感情に訴えかけ、積極的な行動や感情を促すという。

 どんな機能があるのだろうか。日刊ゲンダイの記者が「たあたん」を抱いてみた。

 身長47センチで、肌触りも本物の赤ちゃんを思わせる。体重は高齢者に負担にならないよう、1.4キロと軽くしているため、ズッシリした感じはない。背中のスリープモードをオフにすると、「アーン」「キャキャ」と、泣いたり、笑ったりを繰り返す。思わず顔がほころぶ。寝かすと目を閉じ、起こすと目を開ける。じっと「たあたん」の顔を見ると眉毛がない。機能はたったこれだけだ。フランスベッドホールディングスの広報担当者はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    病床の堀江しのぶを守るため“天敵”梨元勝にメディア対応依頼

  10. 10

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

もっと見る