フランスベッド赤ちゃん型ロボ「たあたん」の“抱き効果”

公開日: 更新日:

 寝具大手のフランスベッド(東京・新宿区)は、先月、認知症患者向けに、赤ちゃん型ロボット「泣き笑いたあたん」(税込み1万5984円)の発売を開始した。ドールセラピーという手法で、本物の赤ちゃんの声を使用した泣き声と笑い声が、利用者の感情に訴えかけ、積極的な行動や感情を促すという。

 どんな機能があるのだろうか。日刊ゲンダイの記者が「たあたん」を抱いてみた。

 身長47センチで、肌触りも本物の赤ちゃんを思わせる。体重は高齢者に負担にならないよう、1.4キロと軽くしているため、ズッシリした感じはない。背中のスリープモードをオフにすると、「アーン」「キャキャ」と、泣いたり、笑ったりを繰り返す。思わず顔がほころぶ。寝かすと目を閉じ、起こすと目を開ける。じっと「たあたん」の顔を見ると眉毛がない。機能はたったこれだけだ。フランスベッドホールディングスの広報担当者はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  3. 3

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  6. 6

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  7. 7

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  8. 8

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

  9. 9

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  10. 10

    「チルドレン」存在と不祥事のデパート化の因縁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る