• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

気象予報士に聞いた 「長雨なのに水不足」の謎とその影響

 東京は今日も雨……。17日の時点で17日連続。40年前、1977年の22日連続に次ぐ記録だ。その原因は、太平洋高気圧の関東への張り出しが弱かったこと。そのため、関東には晴れた時間が少なかった。

 一方で、冷たくて湿った空気を持つオホーツク海高気圧は例年より勢力を強め、東北や関東に流れ込んだという。雨が降り続け、気温が上がらないわけだ。

 だが、長雨にもかかわらず、不思議なことが起きている。降水量は足りないというのだ。ウェザーマップの気象予報士・石上沙織氏が言う。

「東京で雨が続きましたが、日によっては0.0何ミリ~数ミリと降水量は少なかったのです。7月までが空梅雨だったことも影響し、今年の東京の降水量はまだ600ミリしかありません。例年この時期は、1000ミリはあります。年間平均1500ミリは降りますし、毎年帳尻合わせするように同量は降っています。つまり、9月の台風時には降水量の足りない分を補うような豪雨になる可能性があるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る