• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

丸の内、銀座も水没…国交省が発表した衝撃の浸水マップ

 自分の勤務先や自宅は安全か、今すぐ確認した方がよさそうだ。国交省関東地方整備局が今月初旬に明らかにした衝撃的な“浸水シミュレーション”が波紋を広げている。

 関東整備局の「最大規模の洪水等に対応した防災・減災対策検討会」が行ったシミュレーションは、荒川流域で3日間に632ミリの豪雨があり、JR赤羽駅近くの堤防が決壊したと想定。その結果、一部地域では浸水の深さが5メートル以上に達し、東京都と埼玉県の約98平方キロメートルが“水没”することが分かった。98平方キロメートルは、山手線の内側(63平方キロメートル)よりも広い。大手町や丸の内などのオフィス街も浸水する恐れがあるという。

 先月の九州豪雨では福岡県朝倉市付近の24時間雨量は1000ミリに達した。3日間で632ミリの降雨は現実的な数字だ。

■JR、地下鉄の100駅に被害

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  7. 7

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  8. 8

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

もっと見る