• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

関東は40年ぶりの長雨…この冷夏で経済損失はいくらに?

 関東甲信地方で雨が降り続いている。東京都心は8月1日から16日連続の雨で、8月としては22日連続を記録した1977年以来40年ぶり。宮沢賢治は「雨ニモマケズ」で「サムサノナツハオロオロアルキ」と歌ったが、冷夏は経済の足を引っ張っている。

 そのひとつが「としまえん」(練馬区)。夏のプールの代名詞的存在だが、入場者数で打撃を受けている。

「7月1日から8月15日までの1カ月半は前年比4万1000人減の14万6000人でした。今月21日から入園料&プールのセット券を大人4000円を3000円に、子供3000円を2000円に割引します」(事業企画部)

 片瀬東浜海水浴場などがある藤沢市も「数字ははっきりしませんが、家族客などが減り、海岸は閑散とした雰囲気。海水浴場の組合長は“困った”と言ってます」(観光シティプロモーション課)と困惑気味だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事